• 20190609k32025
  • 20190609k32016
  • 20190609k32045
  • 20190609k32031
  • 20190609k32011
  • 20190609k32012
  • 20190609k32008
  • 20190609k32009
  • 20190609k32001
  • 20190609k32004

2013年2月 8日 (金)

プレイバック2008パート1

200802002 HDに溜め込んだデータが3.5TB近くなってきたので古いデータから要らないRAWファイルを捨て去ることに。まずは2008年のデータから、この時期はブログを始めていないのでほとんど整理できていないことが判明。おまけにEOS40Dが最新鋭だった頃が懐かしい。そういえばケアシノスリの木留りはこのとき以来見ていない。
200802003 獲物を見つけたか空中で停まるも降下せず。夕暮れが迫ってなければもっと綺麗に撮れたのかも。この頃は飛ぶ鳥の歩留まりの悪かったこと。

2011年1月25日 (火)

パンドラの箱

201101095d142 ケアシノスリ・チュウヒ・ハシブトガラス EOS5DMKII + EF300mm F2.8L IS USM+ EF2XII

 チュウヒと突然現れたもう一羽の猛禽類に対して、ハシブトガラスがモビングを始めました。チュウヒとハシブトガラスは同じ大きさですが、もう一羽はハシブトガラスよりも大きいです。最初は大陸型チュウヒ♂かと思いましたが、大きさからこの線は消えました。

201101095d1007  翼の下面の白が目立ちました。ノスリに良く似た模様が見えました。尾羽は白く、先が黒い縁取りに見えます。

201101095d1008  背面は黒く尾羽の白が目立ちました。この後、海のほうへ飛んで行ってしまいました。K浜の方へ向かったのかもしれません。

201101095d1006  2枚目の写真をほぼ等倍トリミングしました。飛翔ハンドブックで確認しました。ケアシノスリに間違いなさそうです。魔王以外にもこんな大物が潜んでいたんですね。この時、パンドラの箱が僅かに開き、中から物欲が飛び出してきそうになりました。くわばら、くわばら。

 

2009年3月16日 (月)

レントゲン写真

Keashinosuri00 ケアシノスリ K10D + A★1200mmF8 ED

 去年の冬、西日本に来襲し話題となったケアシノスリ、レンズをセットして追ってたら、街路樹の陰に入ってしまった。でもなんだか透けて見えるじゃないか。ということで構わずシャッターを切ってみた。マクロ撮影では前ボケを入れろとか指南書には良く書いてあるが、野鳥撮影ではどうだろうか。今回改めて引っ張り出してみたが、うーん、やっぱり失敗作かな。1200mmだからといって、透視撮影が出来るわけでもないしね。

Keashinosuri01  ケアシノスリとは冬の北海道で北方領土記念館だとかいう建物から出た瞬間に目の前を飛んで行って以来、25年ぶりの再会でした。3人組で旅をしていて、先頭が見つけ2番手の僕は見れて、3番手は見れなかった。

その他のカテゴリー

Black Headed Gull Blackbird Brewer's Blackbird Chaffinch Dunnock Egyptian Goose Great Tit Greenfinch Heermann's gull House Sparrow Iceland Gull Jackdaw Jay Magpie Mute Swan Northern Mockingbird Nuthatch Ring-necked Parakeet Starling Western gull Woodpigeon アオアシシギ アオゲラ アオサギ アオジ アオジ(シベリア) アオバズク アオバト アカアシシギ アカエリヒレアシシギ アカガシラサギ アカゲラ アカコッコ アカショウビン アカツクシガモ アカハシハジロ アカハジロ アカハラ アカハラダカ アカヒゲ アジサシ アトリ アマサギ アマツバメ アメリカヒドリ アリスイ イカル イカルチドリ イスカ イソシギ イソヒヨドリ イワツバメ イワミセキレイ インドアカガシラサギ ウグイス ウズラシギ ウソ ウトウ ウミアイサ ウミウ ウミネコ エゾビタキ エゾムシクイ エナガ エリグロアジサシ エリマキシギ オオアカゲラ オオカラモズ オオクイナ オオコノハズク オオジシギ オオジュリン オオセグロカモメ オオソリハシシギ オオタカ オオハクチョウ オオハシシギ オオハム オオバン オオミズナギドリ オオメダイチドリ オオモズ オオヨシキリ オオルリ オオワシ オカヨシガモ オグロシギ オシドリ オジロトウネン オジロビタキ オジロワシ オナガ オナガガモ オバシギ カイツブリ カケス カササギ カシラダカ カッコウ カツオドリ カナダヅル カモメ カラシラサギ カラスバト カラフトアオアシシギ カラフトワシ カルガモ カワアイサ カワウ カワガラス カワセミ カワラバト カワラヒワ カンムリカイツブリ キアシシギ キクイタダキ キジ キジバト キセキレイ キビタキ キマユホオジロ キマユムシクイ キョウジョシギ キリアイ キレンジャク キンクロハジロ キンバト ギンムクドリ クイナ クサシギ クマゲラ クマタカ クロサギ クロジ クロツグミ クロツラヘラサギ クロヅル クロハラアジサシ ケアシノスリ コアオアシシギ コアジサシ コイカル コウノトリ コウライアイサ コオバシギ コガモ コガモ(アメリカ) コガラ コクガン コクマルガラス コゲラ コサギ コサメビタキ コシアカツバメ コジュケイ コチドリ コチョウゲンボウ コハクチョウ コホオアカ コミミズク コムクドリ コヨシキリ ゴイサギ ゴジュウカラ サカツラガン ササゴイ サシバ サメビタキ サルハマシギ サンカノゴイ サンコウチョウ サンショウクイ シジュウカラ シノリガモ シベリアオオハシシギ シマアジ シマキンパラ シメ ショウドウツバメ シラガホオジロ シラコバト シロエリオオハム シロカモメ シロガシラ シロチドリ シロハラ シロハラクイナ シロハラホオジロ ジョウビタキ スズガモ スズメ ズグロカモメ セイタカシギ セグロカモメ セグロセキレイ セッカ センダイムシクイ ソウシチョウ ソリハシシギ ソリハシセイタカシギ タカサゴモズ タカブシギ タゲリ タシギ タヒバリ タマシギ タンチョウヅル ダイサギ ダイシャクシギ ダイゼン チゴハヤブサ チフチャフ チュウサギ チュウシャクシギ チュウジシギ チュウヒ チョウゲンボウ ツクシガモ ツグミ ツグミ(ハチジョウ) ツツドリ ツバメ ツバメチドリ ツミ ツメナガセキレイ ツリスガラ ツルシギ トウネン トビ トモエガモ トラツグミ ナベコウ ナベヅル ニシセグロカモメ ニュウナイスズメ ノグチゲラ ノゴマ ノジコ ノスリ ノビタキ ハイイロチュウヒ ハイタカ ハギマシコ ハクガン ハクセキレイ ハクセキレイ(タイワン) ハクセキレイ(ホオジロ) ハシビロガモ ハシブトアジサシ ハシブトガラ ハシブトガラス ハシボソガラス ハシボソミズナギドリ ハジロカイツブリ ハジロクロハラアジサシ ハジロコチドリ ハチクマ ハマシギ ハヤブサ バン ヒガラ ヒクイナ ヒシクイ ヒドリガモ ヒバリ ヒバリシギ ヒメアマツバメ ヒメイソヒヨ ヒメウ ヒメコンドル ヒヨドリ ヒレンジャク ビンズイ フクロウ ブッポウソウ ヘラサギ ベニアジサシ ベニヒワ ベニマシコ ホウロクシギ ホオアカ ホオジロ ホオジロガモ ホシガラス ホシハジロ ホシムクドリ ホトトギス マガモ マガン マナヅル マヒワ マミジロアジサシ マミジロキビタキ マミジロタヒバリ マミチャジナイ ミコアイサ ミサゴ ミソサザイ ミツユビカモメ ミフウズラ ミヤコドリ ミヤマガラス ミヤマホオジロ ミユビシギ ムギマキ ムクドリ ムシクイSP ムジセッカ ムナグロ ムラサキサギ メジロ メジロガモ メダイチドリ メボソムシクイ モズ ヤツガシラ ヤブサメ ヤマガラ ヤマゲラ ヤマセミ ヤマドリ ヤンバルクイナ ユキホオジロ ユリカモメ ヨシガモ ヨシゴイ リュウキュウコノハズク リュウキュウツバメ ルリビタキ ワシカモメ ワタリガラス 亀吉一家 伝書鳩 其の他 動物 夏休み 外コブハクチョウ 外コリンウズラ 外ソウシチョウ 夜空 彫刻 昆虫 楽天 機材 水族館 野花 鉄道 雑ガモ 飼鳥

フォト

カテゴリー