• 20190929k32062
  • 20190929k32130
  • 20190929k32107
  • 20190929k32132
  • 20190929k32059
  • 20190929k32038_20191002232201
  • 20190929k32002
  • 20190915e72049
  • 20190915e72051
  • 20190915e72039

2017年12月18日 (月)

なり物

20171203k3ii019 遠くの木にイカルがたくさんなっていました。

2015年1月31日 (土)

初恋

2015025e1d4015 EOS1Dmk4 + EF300mm F2.8L IS USM + EF2XIII
公園のイカルの群れにコイカルが混じっているというので、これまで何度もイカルの群れに逢うたび丹念に見てきたのだが見つからなかった。でもこの朝は早起きの賜物、イカルの群れにコイカルが混ざっていました。実に30数年ぶりの再会なのでした。
2015025e1d4018 コイカルというだけあってイカルよりも小さく見えました。やっぱり混群の方が安心なんだよなぁと思っていたのですが、
2015025e1d4025 通行人に驚いて飛び立ったイカルの群れにコイカルの姿はありませんでした。
2015025e1d4062 コイカルだけ別行動をしていたようです。これでいままでイカルの群ればかり追っかけて見つけられなかった謎が解けました。

2015年1月15日 (木)

騒と静

20141228e1d4108 EOS1Dmk4 + EF300mm F2.8L IS USM + EF2XIII
年末の公園、モズの騒々しい声が聞こえてきました。
20141228e1d4119 負けじとヒヨドリも叫びます。
20141228e1d4117 この日のイカルはとても静かでした。
20141228e1d4038 カワセミが池の畔に留まりましたが、水音を立てることなく飛び去りました。

2014年11月16日 (日)

秋イカル

20141108e1d4070 EOS1Dmk4 + EF300mm F2.8L IS USM + EF2XIII
朝の公園、ツグミやらヒヨドリやらしか居ないねぇと思っていたら、20羽くらいのイカルの群れが飛んできました。
20141108e1d4046 探すと、黄色く色づいた木に留まっていました。
20141108e1d4085 黄葉した木には、秋なのにこんな芋虫が居るのですね。

2014年7月31日 (木)

もやもや

20140720e1d4194 EOS1Dmk4 + EF300mm F2.8L IS USM + EF2XIII
朝靄の中を大きな鳥が飛んできました。こんな山奥にもアオサギが居るのです。池の鯉を狙っているのかも。
20140720e1d4195 朝靄の中を小さな鳥も飛んで行きました。イカルが3羽、親子でしょうか、兄弟でしょうか。

2014年7月29日 (火)

夏イカル

20140720e1d4162 EOS1Dmk4 + EF300mm F2.8L IS USM + EF2XIII
宿舎の駐車場の立ち木から飛び出したのは、イカル、夏に逢えるのは山の上ならでは。
20140720e1d4164 葉っぱの日傘を差して、避暑地に来た貴婦人の様。

2013年2月15日 (金)

PB2008VIII~あれっきり

Imgp8993 小雪の舞う寒い日にK10D持ってR山へ赴くとイカルの群れが来ていました。大きな嘴で丸い実を食べていました。
Imgp8984 なんと飛んだところまで写っていました
ヽ(´▽`)/。あれから何度か寒い日に登ってみるけれどイカルの群れはあれっきり。

2011年1月16日 (日)

地上のイカル

201101025d263 イカル EOS5DMKII + EF300mm F2.8L IS USM+ EF2XII

 夏の間、イカルは声は聞けども姿は見れずの典型的な鳥さんです。冬になると木の枝なんかに群れで留まったりしています。でも地上に降りた所ははじめてみました。刈り取られた稲の間で落穂拾いでもしているのでしょうか?

201101025d262  シロハラ同様、首をぐるっと回して藁を千切っているようです。此処が明るかった分、面白い絵にはなりませんでした。

201101025d264  そして根っこのようなものをむしゃむしゃと食べていました。お前は牛か?と内心つぶやいていました。

2010年5月11日 (火)

亀井公園の朝

Zugurotonda027 カワラヒワ EOS5DMKII + EF100-400mm F4.5-5.6L IS USM トリミング

 落鳥キビタキが居るということは、生きているキビタキも居るはず。翌朝宿の周りをまだ薄暗い内から散歩です。カワラヒワが梢で鳴いていました。空には月が残っていました。

Zugurotonda028 メジロ

 メジロが梢で囀っていました。木下をぐるぐる廻ってやっと見つけました。期待通りとは行かず、宿への近道を通って帰ろうかと思ったのですが、なんだか予感がして元来た道を引き返しました。

Zugurotonda03 イカル

 山を下っていると下のほうからイカルの群れがやって来ました。1羽だけ前方の枝にしばらく留まってくれました。この冬は見て居なかったので今年の初見です。

Zugurotonda039 オオルリ

 さらに下のほうからは綺麗な歌声が聞こえてきました。近道しなくて本当に良かった。野生の感が働いた?、まあ、たまにはこんな日も有ります。

2009年3月17日 (火)

冬の混群

Shime

イカルとシメ K10D + FA★200mmF2.8 ED + リアコンバーターA2×-S

 東北では冬が来るとカラ類が混群を作っていました。シジュウカラ主体に、コガラ、ヒガラ、ヤマガラ、キクイタダキなどが混ざった大きな群れが林の中を移動します。群れの最後尾には決まってコゲラがいました。このような群れに会えば、じっとしているだけで色々な鳥が見られたものです。西日本に戻ってからはこのような群れに出会ったことが有りません。せいぜいエナガとメジロとか、シジュウカラとコゲラとかが多くても10羽程度一緒に居るのを見るくらいです。昨年R山でイカル20羽位の群れに出会ったとき、1羽だけシメが居ました。これも混群と呼んでいいのでしょうか。

その他のカテゴリー

Black Headed Gull Blackbird Brewer's Blackbird Chaffinch Dunnock Egyptian Goose Great Tit Greenfinch Heermann's gull House Sparrow Iceland Gull Jackdaw Jay Magpie Mute Swan Northern Mockingbird Nuthatch Ring-necked Parakeet Starling Western gull Woodpigeon アオアシシギ アオゲラ アオサギ アオジ アオジ(シベリア) アオバズク アオバト アカアシシギ アカエリヒレアシシギ アカガシラサギ アカゲラ アカコッコ アカショウビン アカツクシガモ アカハシハジロ アカハジロ アカハラ アカハラダカ アカヒゲ アジサシ アトリ アマサギ アマツバメ アメリカヒドリ アリスイ イカル イカルチドリ イスカ イソシギ イソヒヨドリ イワツバメ イワミセキレイ インドアカガシラサギ ウグイス ウズラシギ ウソ ウトウ ウミアイサ ウミウ ウミネコ エゾビタキ エゾムシクイ エナガ エリグロアジサシ エリマキシギ オオアカゲラ オオカラモズ オオクイナ オオコノハズク オオジシギ オオジュリン オオセグロカモメ オオソリハシシギ オオタカ オオハクチョウ オオハシシギ オオハム オオバン オオミズナギドリ オオメダイチドリ オオモズ オオヨシキリ オオルリ オオワシ オカヨシガモ オグロシギ オシドリ オジロトウネン オジロビタキ オジロワシ オナガ オナガガモ オバシギ カイツブリ カケス カササギ カシラダカ カッコウ カツオドリ カナダヅル カモメ カラシラサギ カラスバト カラフトアオアシシギ カラフトワシ カルガモ カワアイサ カワウ カワガラス カワセミ カワラバト カワラヒワ カンムリカイツブリ キアシシギ キクイタダキ キジ キジバト キセキレイ キビタキ キマユホオジロ キマユムシクイ キョウジョシギ キリアイ キレンジャク キンクロハジロ キンバト ギンムクドリ クイナ クサシギ クマゲラ クマタカ クロサギ クロジ クロツグミ クロツラヘラサギ クロヅル クロハラアジサシ ケアシノスリ コアオアシシギ コアジサシ コイカル コウノトリ コウライアイサ コオバシギ コガモ コガモ(アメリカ) コガラ コクガン コクマルガラス コゲラ コサギ コサメビタキ コシアカツバメ コジュケイ コチドリ コチョウゲンボウ コハクチョウ コホオアカ コミミズク コムクドリ コヨシキリ ゴイサギ ゴジュウカラ サカツラガン ササゴイ サシバ サメビタキ サルハマシギ サンカノゴイ サンコウチョウ サンショウクイ シジュウカラ シノリガモ シベリアオオハシシギ シマアジ シマキンパラ シメ ショウドウツバメ シラガホオジロ シラコバト シロエリオオハム シロカモメ シロガシラ シロチドリ シロハラ シロハラクイナ シロハラホオジロ ジョウビタキ スズガモ スズメ ズグロカモメ セイタカシギ セグロカモメ セグロセキレイ セッカ センダイムシクイ ソウシチョウ ソリハシシギ ソリハシセイタカシギ タカサゴモズ タカブシギ タゲリ タシギ タヒバリ タマシギ タンチョウヅル ダイサギ ダイシャクシギ ダイゼン チゴハヤブサ チフチャフ チュウサギ チュウシャクシギ チュウジシギ チュウヒ チョウゲンボウ ツクシガモ ツグミ ツグミ(ハチジョウ) ツツドリ ツバメ ツバメチドリ ツミ ツメナガセキレイ ツリスガラ ツルシギ トウネン トビ トモエガモ トラツグミ ナベコウ ナベヅル ニシセグロカモメ ニュウナイスズメ ノグチゲラ ノゴマ ノジコ ノスリ ノビタキ ハイイロチュウヒ ハイタカ ハギマシコ ハクガン ハクセキレイ ハクセキレイ(タイワン) ハクセキレイ(ホオジロ) ハシビロガモ ハシブトアジサシ ハシブトガラ ハシブトガラス ハシボソガラス ハシボソミズナギドリ ハジロカイツブリ ハジロクロハラアジサシ ハジロコチドリ ハチクマ ハマシギ ハヤブサ バン ヒガラ ヒクイナ ヒシクイ ヒドリガモ ヒバリ ヒバリシギ ヒメアマツバメ ヒメイソヒヨ ヒメウ ヒメコンドル ヒヨドリ ヒレンジャク ビンズイ フクロウ ブッポウソウ ヘラサギ ベニアジサシ ベニヒワ ベニマシコ ホウロクシギ ホオアカ ホオジロ ホオジロガモ ホシガラス ホシハジロ ホシムクドリ ホトトギス マガモ マガン マナヅル マヒワ マミジロアジサシ マミジロキビタキ マミジロタヒバリ マミチャジナイ ミコアイサ ミサゴ ミソサザイ ミツユビカモメ ミフウズラ ミヤコドリ ミヤマガラス ミヤマホオジロ ミユビシギ ムギマキ ムクドリ ムシクイSP ムジセッカ ムナグロ ムラサキサギ メジロ メジロガモ メダイチドリ メボソムシクイ モズ ヤツガシラ ヤブサメ ヤマガラ ヤマゲラ ヤマセミ ヤマドリ ヤンバルクイナ ユキホオジロ ユリカモメ ヨシガモ ヨシゴイ リュウキュウコノハズク リュウキュウツバメ ルリビタキ ワシカモメ ワタリガラス 亀吉一家 伝書鳩 其の他 動物 夏休み 外コブハクチョウ 外コリンウズラ 外ソウシチョウ 夜空 彫刻 昆虫 楽天 機材 水族館 野花 鉄道 雑ガモ 飼鳥

フォト

カテゴリー