• 20190316e72172
  • 20190316e72177
  • 2019030332071
  • 2019030332068
  • 2019030332065
  • 2019030332040
  • 2019030332008
  • 2019030332030
  • 2019030232081
  • 2019030232076

絶滅(泣き)

20170305k1002 その昔DT50で走ったダム湖へ、久々に行ってきました。ダムの周囲を歩くこと1万歩、その半分くらいは未舗装のままで、また走りたくなりました。そこで、各バイクメーカーのHPを覗いてみると、かって先カンブリア紀のように百花繚乱だった、50ccスポーツバイクが絶滅していたのに気付きました。カシラダカはそうなりませんように。

絶滅危惧種

20170226k1032 カシラダカがいつの間にか絶滅危惧種に、絶滅危惧II類になったそうです。

http://yamashina.or.jp/blog/2016/12/rustic_bunting_uplist/
近年昔(30年前)ほど見て無い気がします。繁みの中で声はすれども、ホオジロ類?と思ってあまり探したりしてないからと思ってましたが、そうではなかったみたい。この日は10羽くらいが盛んに鳴きながら藪から枝に留まり、三々五々移動していきました。
20170226k1036 赤茶色がホオジロと違ってきれいなんですよね。少しだけホッとしました。

見返り

20161106k1s037 K-1+ ΣAPO150-500mmDG OS HSM

ホオジロの声に聞きほれていたら、地味な鳥の群れが飛んできて、その一羽だけ留まってくれました。カシラダカ今季初認です。
20161106k1s038 そして今季まだちゃんと撮れていないジョウビタキ♂、今一でしたが、同じポーズだったので採用しました。雌と違って愛想が悪いのはなんでなんでしょうね。
20161106e1d4001 雌は朝一番にサービスしてくれたのに。

湿原

20151122k52s022 K5IIs + ΣAPO150-500mmDG OS HSM

昨年はゆっくり回れなかった湿原、今年は時間をかけましたが、他に鳥屋の姿なし。やっと足元から飛び出したカシラダカが木の枝に留まってくれました。
あとは湿原の風景など....
20151122k52s027 20151122k52s028

悔し紛れの一枚

20150501e1d4099 EOS1Dmk4 + EF300mm F2.8L IS USM + EF2XIII
船を待つ間に見鳥自慢、この日の鳥果の見せ合いです。うらやましいことにDさんのカメラにはしっかりシロハラホオジロが収められていました。何度見直しても僕のはカシラダカ。訊けば宇津の近辺に居たとのこと。ムシクイ・キビタキに足を使いすぎて、回れなかったところです。
Img_2510 悔し紛れに昔の写真、
北灯台の近くで出してもらったシロハラホオジロ。撮ってた機材はもう手元にない。そんな大昔の想い出の一枚でした。

花小鳥

201303241d4064 EOS1Dmk4 + EF300mm F2.8L IS USM + EF2XII
春ですね、桜ばかりでなく色々な雑草もあちこちで咲いています。花の側には鳥の姿がありました。まずはミヤマホオジロ、冠の黄色が鮮やかです。夏羽なのでしょうか?
201303241d4055 こちらはホオジロ、カメラ目線です。
201303241d4059 カシラダカもやって来ましたが、バックは色気の無い花ですね。
201303241d4068 スズメだって負けていません。
201303241d4053 でもやっぱりお立ち台でしっかりポーズを決めるのはこの鳥以外には居りませんね

アラカルト

201211031d40001 朝露の残る田んぼにミヤマガラスの小さな群れ、全個体確認したけれどコクマルは居ませんでした。
201211031d40008 ノビタキとであったクリークにはカイツブリ、近いほど小さく見える。水滴が背中に乗ったままでした。
201211031d40009 クリークの向こうのセイタカアワダチソウに留ったのはホオアカでした。
201211031d40063 あぜ道で出会ったカシラダカ、撮ったのは何時以来だろうか?

髪型も世につれ

Kashiradaka04_3

カシラダカ・ルネッサンス EOS40D + EF100-400mm F4.5-5.6L IS USM トリミング 2008年見島

 昨夜あらためて見島のカシラダカの写真をチェックしてみたら髪型が全く違っていて面白いことに気づいた。去年のカシラダカは、撫で付けたような髪形をしていた。まるで「かんぱーい」、「ルネッサンス」とか言いそうなである。昔、見たカシラダカは80年代の仲村トオルのような髪型をしていたものだが。カシラダカも流行?に合わせておしゃれしてくるのだろうか?水面に映る姿を見ながら、羽繕いをするカシラダカに出会ってみたいものだ。とにかく今年会うカシラダカはどういう髪形で決めてくるのか楽しみだ。

Kashiradaka05_2

カシラダカ・ビーパップ TD-1 トリミング 2005年見島
 きっと、そういうお前さんの髪型は高校時代からいっちょん変わらんなというコメントが入りそうな気がする。

梅花を撮りに来たはずが

Kashiradaka03_2 カシラダカ K10D + FA★200mmF2.8 ED

 昨年T庵の梅林に行った時のことですが、足元からホオジロ類の地鳴きが聞こえました。結構近くの、細い水路の向こう岸の茂みの中から声がするので、その前に座ってじっと待っていました。するとそのうち姿を現しました。カシラダカでした。間近で見るカシラダカの冠羽はまるでポマードでも塗って有るかのようにテカテカ光っていました。他の人たちがみんな梅花を見ているときに、まさか自分に注目する人間がいるなんてと、彼は思ったことでしょう。冬の間はよく目にするカシラダカですが、そろそろ旅立つ季節でしょうか。見島で夏羽に出会ったことはありますが、ぼさぼさに乱れたリーゼントみたいな頭でした。今年も夏羽に会いたいですね

Kashiradaka02

その他のカテゴリー

Black Headed Gull Blackbird Brewer's Blackbird Chaffinch Dunnock Egyptian Goose Great Tit Greenfinch Heermann's gull House Sparrow Iceland Gull Jackdaw Jay Magpie Mute Swan Northern Mockingbird Nuthatch Ring-necked Parakeet Starling Western gull Woodpigeon アオアシシギ アオゲラ アオサギ アオジ アオバズク アオバト アカアシシギ アカエリヒレアシシギ アカガシラサギ アカゲラ アカコッコ アカショウビン アカツクシガモ アカハシハジロ アカハジロ アカハラ アカハラダカ アカヒゲ アジサシ アトリ アマサギ アマツバメ アメリカヒドリ アリスイ イカル イカルチドリ イスカ イソシギ イソヒヨドリ イワツバメ イワミセキレイ インドアカガシラサギ ウグイス ウズラシギ ウソ ウトウ ウミアイサ ウミウ ウミネコ エゾビタキ エゾムシクイ エナガ エリグロアジサシ エリマキシギ オオアカゲラ オオカラモズ オオクイナ オオコノハズク オオジシギ オオジュリン オオセグロカモメ オオソリハシシギ オオタカ オオハクチョウ オオハシシギ オオハム オオバン オオミズナギドリ オオメダイチドリ オオモズ オオヨシキリ オオルリ オオワシ オカヨシガモ オグロシギ オシドリ オジロトウネン オジロビタキ オジロワシ オナガ オナガガモ オバシギ カイツブリ カケス カササギ カシラダカ カッコウ カツオドリ カナダヅル カモメ カラシラサギ カラスバト カラフトアオアシシギ カラフトワシ カルガモ カワアイサ カワウ カワガラス カワセミ カワラバト カワラヒワ カンムリカイツブリ キアシシギ キクイタダキ キジ キジバト キセキレイ キビタキ キマユムシクイ キョウジョシギ キリアイ キレンジャク キンクロハジロ キンバト ギンムクドリ クイナ クサシギ クマゲラ クマタカ クロサギ クロジ クロツグミ クロツラヘラサギ クロヅル クロハラアジサシ ケアシノスリ コアオアシシギ コアジサシ コイカル コウノトリ コウライアイサ コオバシギ コガモ コガモ(アメリカ) コガラ コクガン コクマルガラス コゲラ コサギ コサメビタキ コシアカツバメ コジュケイ コチドリ コチョウゲンボウ コハクチョウ コホオアカ コミミズク コムクドリ コヨシキリ ゴイサギ ゴジュウカラ サカツラガン ササゴイ サシバ サメビタキ サルハマシギ サンカノゴイ サンコウチョウ サンショウクイ シジュウカラ シノリガモ シベリアオオハシシギ シマアジ シマキンパラ シメ ショウドウツバメ シラガホオジロ シラコバト シロエリオオハム シロカモメ シロガシラ シロチドリ シロハラ シロハラクイナ シロハラホオジロ ジョウビタキ スズガモ スズメ ズグロカモメ セイタカシギ セグロカモメ セグロセキレイ セッカ センダイムシクイ ソウシチョウ ソリハシシギ ソリハシセイタカシギ タカサゴモズ タカブシギ タゲリ タシギ タヒバリ タマシギ タンチョウヅル ダイサギ ダイシャクシギ ダイゼン チゴハヤブサ チフチャフ チュウサギ チュウシャクシギ チュウジシギ チュウヒ チョウゲンボウ ツクシガモ ツグミ ツグミ(ハチジョウ) ツツドリ ツバメ ツバメチドリ ツミ ツメナガセキレイ ツリスガラ ツルシギ トウネン トビ トモエガモ トラツグミ ナベコウ ナベヅル ニシセグロカモメ ニュウナイスズメ ノグチゲラ ノゴマ ノジコ ノスリ ノビタキ ハイイロチュウヒ ハイタカ ハギマシコ ハクガン ハクセキレイ ハクセキレイ(タイワン) ハクセキレイ(ホオジロ) ハシビロガモ ハシブトアジサシ ハシブトガラ ハシブトガラス ハシボソガラス ハシボソミズナギドリ ハジロカイツブリ ハジロクロハラアジサシ ハジロコチドリ ハチクマ ハマシギ ハヤブサ バン ヒガラ ヒクイナ ヒシクイ ヒドリガモ ヒバリ ヒバリシギ ヒメアマツバメ ヒメイソヒヨ ヒメウ ヒメコンドル ヒヨドリ ヒレンジャク ビンズイ フクロウ ブッポウソウ ヘラサギ ベニアジサシ ベニヒワ ベニマシコ ホウロクシギ ホオアカ ホオジロ ホオジロガモ ホシガラス ホシハジロ ホシムクドリ ホトトギス マガモ マガン マナヅル マヒワ マミジロアジサシ マミジロキビタキ マミジロタヒバリ マミチャジナイ ミコアイサ ミサゴ ミソサザイ ミツユビカモメ ミフウズラ ミヤコドリ ミヤマガラス ミヤマホオジロ ミユビシギ ムギマキ ムクドリ ムシクイSP ムジセッカ ムナグロ ムラサキサギ メジロ メジロガモ メダイチドリ メボソムシクイ モズ ヤツガシラ ヤブサメ ヤマガラ ヤマゲラ ヤマセミ ヤマドリ ヤンバルクイナ ユキホオジロ ユリカモメ ヨシガモ ヨシゴイ リュウキュウコノハズク リュウキュウツバメ ルリビタキ ワシカモメ ワタリガラス 亀吉一家 伝書鳩 其の他 動物 夏休み 外コブハクチョウ 外コリンウズラ 外ソウシチョウ 夜空 彫刻 昆虫 楽天 機材 水族館 野花 鉄道 雑ガモ 飼鳥

フォト

カテゴリー