• 20191124k32008
  • 20191124k32011
  • 20191124k32002
  • 20191124k32003
  • 20191117e72045
  • 20191117e72047
  • 20191117e72045
  • 20191117k32072
  • 20191117e72042
  • 20191117e1d4001

2017年5月 4日 (木)

ボディガード

20170429k1033 チュウシャクシギの中にキョウジョシギを見つけました。白いお化粧をしたセレブみたいです。周りのチュウシャクシギは四方八方をしっかり見張っているボディガートに見えました。奴らには用心棒といった方が似合っているかもしれませんが。

2016年5月 6日 (金)

奴らのおかげでした

20160429k52s037K-5IIs + A★1200mmF8 ED

またまた、奴らの足元にキョウジョシギ発見、相変わらず褐色と白色のコントラストが美しい。
20160429k52s039 岩場に居なかったのであきらめていましたが、この子も奴らのおかげで見つけました。

2015年5月12日 (火)

陽炎のベール

20150426fz009 FZ1000/4K
浜辺に残った小さな水路に愛らしいメダイチドリやキョウジョシギ、ハマシギなどが憩っていました。でも昼過ぎの日差しが容赦なく降りかかり、頼みの1200mmはボケボケ、FZ1000の動画切り出しで誤魔化すのが精一杯のキョウジョシギの羽ばたきです。メダイチドリも何度も飛んでくれたのだけどね。
20150426e1d4050 そんなシギたちを蹴散らしてハシボソガラスが時折やってきます。水を飲んでるだけかと思ってましたが、実はゴカイを獲って食べているのです。ゴミばかり漁ってばかりと思っているのは全くの誤解なのでした。

2014年5月13日 (火)

砲台より

20140428k52s158 K-5IIs + A★1200mmF8 ED
今回は堤防の車の後ろに設置した大砲で、干潟に戻ってくるシギチを撮りまくり、おまけに雨だったしね。赤い軍団の中にオバシギ発見。
20140428k52s164 波打ち際にはキョウジョシギ、足が短いからねぇ。
20140428k52s169 そしてオオハシシギの姿も、隣の陣地の方が見つけてくれました。
20140428k52s201 珍しく?ウズラシギの姿も干潟にありました。

2014年5月 5日 (月)

アラカルト

20140428e1d4123 EOS1Dmk4 + EF300mm F2.8L IS USM + EF2XIII
この日の探鳥会は大忙し、メインディッシュをゆっくり食べる暇もなく移動、出てくる順番が逆だけれどアラカルト、キョウジョシギが岩場の上に。
20140428e1d4126 赤くなったメダイチドリの姿もありました。
20140428e1d4146 すっかり夏羽のハマシギたちもやって来ました。三ツ星レストランでした。

2013年6月26日 (水)

お昼寝の季節

20130429k5iis268 K-5IIs + A★1200mmF8 ED
2時を回った頃でしょうか、それまで水田を歩き回っていたシギチたちが急に飛び立って向こうの田んぼへ行ってしまいました。車で移動すると、そこの水田には姿がなく、目を凝らすとあぜ道に先ほどのキョウジョシギが休んでいました。
20130429k5iis264 さらにはウズラシギの姿も見えます。
20130429k5iis266 金色ムナグロはお花の前でうつらうつら。も~うそろ~そろ~おひ~るねのきせつ~♪、思わず古い歌を口ずさみしました。

2013年6月20日 (木)

京女

201304291d4153 EOS1Dmk4 + EF300mm F2.8L IS USM + EF2XII
ウズラシギの向こうの畦にキョウジョシギ発見。夏衣が綺麗です。ちょっと遠いなぁと思っていたのですが、
201304291d4148 その内手前にも来てくれました。顔の白いところが厚塗りのおしろいにも見えてきました。キョウジョシギとはよく名付けたものです。昔の人はえらいどすえぇ。

2011年8月25日 (木)

お約束

Kyoujyo20110818005 キョウジョシギ  EOS5DMKII + EF300mm F2.8L IS USM + EF2XII
 中洲からダイシャクシギ達が飛び立ったとき、1羽だけ逆方向へ飛び去ったシギが居ました。中州でスキャベンジしていたキョウジョシギです。画面の片隅に偶然写っていました。
Kyoujyo20110818001  下流へと移動すると、恐らく同じ個体でしょう、キョウジョシギが1羽水浴びをしていました。
Kyoujyo20110818002  羽ばたきシーン収集家としては絶好のチャンスです。狙い通りに羽ばたいてくれました。もう少し近いと良いのですが。
Kyoujyo20110818003  そしてお約束の空中浮遊、キョウジョシギも少しだけふわりと浮きました。
Kyoujyo20110818004  それからずんずん近づいてくれました。この近さでキョウジョシギ見れて幸せでした。
 

2010年4月27日 (火)

瞳を凝らして

K20_5185 ソリハシシギ K20D+ A★1200mmF8 ED

 ソリハシシギを2羽見つけました。でも相棒のキアシシギは一緒ではないようです。チュウシャクシギの足元で踏み潰されそうですが、しっかり寝たり羽繕いしたりしてました。

K20_5893 キョウジョシギ

 キョウジョシギも1羽見つけました。雌の夏羽のようです。最初見つけた後しばらく見失っていたのですが、あとでまた現れました。キョウジョシギはフィルム時代のどうしようもない写真が残っているだけなので撮れただけでうれしい。

K20_5192_2 オバシギ

 オバシギも1羽だけ現場で確認しました。

K20_5724  パソコンでチェックしていたら隣にもう1羽写ってました。どこから現れたのやら。

K20_5037 オオソリハシシギ

 赤いオオソリハシは居なかったので最初気づかなかったのですが、お腹がやや赤い個体が居たので起きるのを待って確認しました。そのほかにも白いのが居ました。若鳥が遅れて渡っているのかもと思いました。

K20_5348 アカアシシギ

 現場では全く気づきませんでした。亀吉には動いている個体を撮ってしまう習性があり、ただ羽繕いしている奴をたまたま撮っていました。足を挙げないと見えない位置に立っていた様で眠っている時は全く気づきませんでした。

その他のカテゴリー

Black Headed Gull Blackbird Brewer's Blackbird Chaffinch Dunnock Egyptian Goose Great Tit Greenfinch Heermann's gull House Sparrow Iceland Gull Jackdaw Jay Magpie Mute Swan Northern Mockingbird Nuthatch Ring-necked Parakeet Starling Western gull Woodpigeon アオアシシギ アオゲラ アオサギ アオジ アオジ(シベリア) アオバズク アオバト アカアシシギ アカエリヒレアシシギ アカガシラサギ アカゲラ アカコッコ アカショウビン アカツクシガモ アカハシハジロ アカハジロ アカハラ アカハラダカ アカヒゲ アジサシ アトリ アマサギ アマツバメ アメリカヒドリ アリスイ イカル イカルチドリ イスカ イソシギ イソヒヨドリ イワツバメ イワミセキレイ インドアカガシラサギ ウグイス ウズラシギ ウソ ウトウ ウミアイサ ウミウ ウミネコ エゾビタキ エゾムシクイ エナガ エリグロアジサシ エリマキシギ オオアカゲラ オオカラモズ オオクイナ オオコノハズク オオジシギ オオジュリン オオセグロカモメ オオソリハシシギ オオタカ オオハクチョウ オオハシシギ オオハム オオバン オオミズナギドリ オオメダイチドリ オオモズ オオヨシキリ オオルリ オオワシ オカヨシガモ オグロシギ オシドリ オジロトウネン オジロビタキ オジロワシ オナガ オナガガモ オバシギ カイツブリ カケス カササギ カシラダカ カッコウ カツオドリ カナダヅル カモメ カラシラサギ カラスバト カラフトアオアシシギ カラフトワシ カルガモ カワアイサ カワウ カワガラス カワセミ カワラバト カワラヒワ カンムリカイツブリ キアシシギ キクイタダキ キジ キジバト キセキレイ キビタキ キマユホオジロ キマユムシクイ キョウジョシギ キリアイ キレンジャク キンクロハジロ キンバト ギンムクドリ クイナ クサシギ クマゲラ クマタカ クロサギ クロジ クロツグミ クロツラヘラサギ クロヅル クロハラアジサシ ケアシノスリ コアオアシシギ コアジサシ コイカル コウノトリ コウライアイサ コオバシギ コガモ コガモ(アメリカ) コガラ コクガン コクマルガラス コゲラ コサギ コサメビタキ コシアカツバメ コジュケイ コチドリ コチョウゲンボウ コハクチョウ コホオアカ コミミズク コムクドリ コヨシキリ ゴイサギ ゴジュウカラ ゴジュウカラ(シロハラ) サカツラガン ササゴイ サシバ サメビタキ サルハマシギ サンカノゴイ サンコウチョウ サンショウクイ シジュウカラ シノリガモ シベリアオオハシシギ シマアジ シマキンパラ シメ ショウドウツバメ シラガホオジロ シラコバト シロエリオオハム シロカモメ シロガシラ シロチドリ シロハラ シロハラクイナ シロハラホオジロ ジョウビタキ スズガモ スズメ ズグロカモメ セイタカシギ セグロカモメ セグロセキレイ セッカ センダイムシクイ ソウシチョウ ソリハシシギ ソリハシセイタカシギ タカサゴモズ タカブシギ タゲリ タシギ タヒバリ タマシギ タンチョウヅル ダイサギ ダイシャクシギ ダイゼン チゴハヤブサ チフチャフ チュウサギ チュウシャクシギ チュウジシギ チュウヒ チョウゲンボウ ツクシガモ ツグミ ツグミ(ハチジョウ) ツツドリ ツバメ ツバメチドリ ツミ ツメナガセキレイ ツリスガラ ツルシギ トウネン トビ トモエガモ トラツグミ ナベコウ ナベヅル ニシセグロカモメ ニュウナイスズメ ノグチゲラ ノゴマ ノジコ ノスリ ノビタキ ハイイロチュウヒ ハイタカ ハギマシコ ハクガン ハクセキレイ ハクセキレイ(タイワン) ハクセキレイ(ホオジロ) ハシビロガモ ハシブトアジサシ ハシブトガラ ハシブトガラス ハシボソガラス ハシボソミズナギドリ ハジロカイツブリ ハジロクロハラアジサシ ハジロコチドリ ハチクマ ハマシギ ハヤブサ バン ヒガラ ヒクイナ ヒシクイ ヒドリガモ ヒバリ ヒバリシギ ヒメアマツバメ ヒメイソヒヨ ヒメウ ヒメコンドル ヒヨドリ ヒレンジャク ビンズイ フクロウ ブッポウソウ ヘラサギ ベニアジサシ ベニヒワ ベニマシコ ホウロクシギ ホオアカ ホオジロ ホオジロガモ ホシガラス ホシハジロ ホシムクドリ ホトトギス マガモ マガン マナヅル マヒワ マミジロアジサシ マミジロキビタキ マミジロタヒバリ マミチャジナイ ミコアイサ ミサゴ ミソサザイ ミツユビカモメ ミフウズラ ミヤコドリ ミヤマガラス ミヤマホオジロ ミユビシギ ムギマキ ムクドリ ムシクイSP ムジセッカ ムナグロ ムラサキサギ メジロ メジロガモ メダイチドリ メボソムシクイ モズ ヤツガシラ ヤブサメ ヤマガラ ヤマゲラ ヤマセミ ヤマドリ ヤンバルクイナ ユキホオジロ ユリカモメ ヨシガモ ヨシゴイ リュウキュウコノハズク リュウキュウツバメ ルリビタキ ワシカモメ ワタリガラス 亀吉一家 伝書鳩 其の他 動物 夏休み 外コブハクチョウ 外コリンウズラ 外ソウシチョウ 夜空 彫刻 昆虫 楽天 機材 水族館 野花 鉄道 雑ガモ 飼鳥

フォト

カテゴリー