• 20190929k32062
  • 20190929k32130
  • 20190929k32107
  • 20190929k32132
  • 20190929k32059
  • 20190929k32038_20191002232201
  • 20190929k32002
  • 20190915e72049
  • 20190915e72051
  • 20190915e72039

2015年3月 1日 (日)

終幕

20150215e1d4108 EOS1Dmk4 + EF300mm F2.8L IS USM + EF2XIII
ハイイロチュウヒにライバル心を燃やしているのがコチョウゲンボウ、この日も主役の周りにちょろちょろと現れます。
20150215e1d4110 特にスピード勝負が大好きで後ろから来てあっというまに抜かしたり、
20150215e1d4139 主役の前を横切ったり、そんなことしてて捕まっても知らないよ。

2013年11月 3日 (日)

猛禽の季節(3)

20131027d4032 EOS1Dmk4 + EF300mm F2.8L IS USM + EF2XII
セイタカアワダチソウの上を滑空する魔王。
20131027d4049 反転して向かってきました。心臓バクバクでした。
20131027d4052 そしてコチョウゲンボウと小競り合いが始まりました。猛禽の季節いよいよ本番です。

2012年12月 5日 (水)

すれすれ

20121201d4021 チョウゲンボウ、いつもは中空でホバリングしている姿がおなじみなのですが、この日は低空で田んぼすれすれに飛んでいました。降りる寸前の広げた尾羽がいい。なんて間抜けたことを思ってましたら、コチョウゲンボウの間違いでした。広げた尾羽からもチョウゲンボウと違うことがわかります。
20121201d4022 田んぼに積んであった藁の上に留まりました。少しでも高いところに留るというのがいじらしい。
これもコチョウゲンボウの習性なんだそうです。チョウゲンボウは逆に隠れるようにとまっていることが多い気もします。まだまだ修行が足りません。

2012年12月 3日 (月)

昼下がりのチューハイ

20121201d4008 昼下がりからお酒を飲むのもたまにはいいものですが、昼下がりのハイイロチュウヒはもっといいものですね。この日目的の鳥さんが中々見つからず、心の中でしくしく歩いていたら、突然現れてくれました。しかもコチョウゲンボウのおまけ付き。
20121201d4011 このコチョウゲンボウ、ハイチュウを追い越してしまいました。狙われても知らないぞ~。
20121201d4012 アルコールを口にしたわけではないのですが、ちょっと心が明るくなりました。ご指摘によりチョウゲンボウをコチョウゲンボウに修正しました。RAWを拡大して、尾羽の模様からコチョウゲンボウと確認しました(12/6)。

2012年2月 3日 (金)

食物連鎖

20120129e5d052 ハイイロチュウヒ  EOS5DMKII + EF300mm F2.8L IS USM + EF2XII
 ハイイロチュウヒは低空ですーと田んぼの上を滑空していきます。狙いはなんなのでしょうか。
20120129e5d155  ハイイロチュウヒの先に、先ほどのコチョウゲンボウが居るではありませんか。
20120129e5d064  コチョウゲンボウも慌てて逃げ出しました。双眼鏡で見てた方々からはあーという声が上がりました。
20120129e5d156  捉まるかと思いましたが、コチョウゲンボウのほうがスピードがありました。あやうくツグミ→コチョウゲンボウ→ハイイロチュウヒの食物連鎖が繋がる所でした。この冬は小鳥が少ないのでこの近所では既にコミミズクが連鎖の輪の中に消えたそうです。合掌。

2012年2月 2日 (木)

魔王現わる

20120129e5d049 コチョウゲンボウ EOS5DMKII + EF300mm F2.8L IS USM + EF2XII
 飛び立ったコチョウゲンボウは、少しだけ飛んでまた田んぼへ降り立ちました。お腹いっぱいで休憩でしょうか。次への移動のために、1200mmを仕舞った直後でした。視野の右隅に白黒の鳥が現れました。
20120129e5d051  ハイチュウ、ハイチュウと叫びながら、車に直すために丁度手に持っていた328で追っかけました。明るい時間でも魔王はやっぱり出るんですね。

2012年2月 1日 (水)

弱肉強食

20120129k20d018 コチョウゲンボウ  K20D + A★1200mmF8 ED
 田んぼの畦の上で、コチョウゲンボウが食事をしていました。最初は遠かったのですが、車で少し近づきました。食事中ということで逃げないでくれました。それでも距離は大分有りました。でもコチョウゲンボウ、しかも貴重な雄をこの距離で見れたのは初めてです。獲物の赤い肉と、コチョウゲンの羽の生えた太い足が印象的でした。
20120129k20d023  食事が済むと、叢で嘴を綺麗に拭いていました。
20120129k20d026  それから畦の上をうろうろとして、羽の濃い灰色を見せ付けてくれました。
20120129k20d027  それから満を持して飛び立ちました。飛び立った後有志が獲物はツグミと確認しました。
 

2010年1月28日 (木)

センター試験2日目

Img_7286 チュウヒ EOS40D EF300mm F2.8L IS USM

 2日目はK浜でのテストです。11時からのガイドウォークに参加して園内を歩き始めるとすぐに、チュウヒが現れました。頭の白いチュウヒです。うれしいことに背景に山が来ても被写体を捉えてくれています。歩留まり良さそうです。

Tyuuhi 同トリミング

 拡大しても"鮮明"とはいきませんが、模様がちゃんと判ります。 

Img_7320 コチョウゲンボウ

 次はコチョウゲンボウとカラスのバトルです。ガイドウォークのよいところは、レンジャーさんが識別してくれるので撮影に専念できること、コチョウゲンボウなんて自分で見分けていたら大変です。肉眼ではゴマ粒ほどのコチョウゲンボウでしたがちゃんと捉えてくれました。

Kotyougen02 同トリミング

 このほかガイドウォークではツリスガラも出てくれました。小さくて遠くて写真にはならなかったけど、あの可愛い鳴き声を久々に聞くことができました。

Sankano364 チュウヒ類のバトル

 夕方帰る間際にチュウヒ類が争いごとをしていました。他のカットでは腰の辺りが白く、ハイイロチュウヒの雌同士のように見えました。

Sankano417 同トリミング

 翌朝左手に残る筋肉痛も心地よいものでした。EOS40Dもまだまだ現役でいけそうです。幸い僕のは当たり個体に入るようなので壊れるまで使い倒さなくては。

その他のカテゴリー

Black Headed Gull Blackbird Brewer's Blackbird Chaffinch Dunnock Egyptian Goose Great Tit Greenfinch Heermann's gull House Sparrow Iceland Gull Jackdaw Jay Magpie Mute Swan Northern Mockingbird Nuthatch Ring-necked Parakeet Starling Western gull Woodpigeon アオアシシギ アオゲラ アオサギ アオジ アオジ(シベリア) アオバズク アオバト アカアシシギ アカエリヒレアシシギ アカガシラサギ アカゲラ アカコッコ アカショウビン アカツクシガモ アカハシハジロ アカハジロ アカハラ アカハラダカ アカヒゲ アジサシ アトリ アマサギ アマツバメ アメリカヒドリ アリスイ イカル イカルチドリ イスカ イソシギ イソヒヨドリ イワツバメ イワミセキレイ インドアカガシラサギ ウグイス ウズラシギ ウソ ウトウ ウミアイサ ウミウ ウミネコ エゾビタキ エゾムシクイ エナガ エリグロアジサシ エリマキシギ オオアカゲラ オオカラモズ オオクイナ オオコノハズク オオジシギ オオジュリン オオセグロカモメ オオソリハシシギ オオタカ オオハクチョウ オオハシシギ オオハム オオバン オオミズナギドリ オオメダイチドリ オオモズ オオヨシキリ オオルリ オオワシ オカヨシガモ オグロシギ オシドリ オジロトウネン オジロビタキ オジロワシ オナガ オナガガモ オバシギ カイツブリ カケス カササギ カシラダカ カッコウ カツオドリ カナダヅル カモメ カラシラサギ カラスバト カラフトアオアシシギ カラフトワシ カルガモ カワアイサ カワウ カワガラス カワセミ カワラバト カワラヒワ カンムリカイツブリ キアシシギ キクイタダキ キジ キジバト キセキレイ キビタキ キマユホオジロ キマユムシクイ キョウジョシギ キリアイ キレンジャク キンクロハジロ キンバト ギンムクドリ クイナ クサシギ クマゲラ クマタカ クロサギ クロジ クロツグミ クロツラヘラサギ クロヅル クロハラアジサシ ケアシノスリ コアオアシシギ コアジサシ コイカル コウノトリ コウライアイサ コオバシギ コガモ コガモ(アメリカ) コガラ コクガン コクマルガラス コゲラ コサギ コサメビタキ コシアカツバメ コジュケイ コチドリ コチョウゲンボウ コハクチョウ コホオアカ コミミズク コムクドリ コヨシキリ ゴイサギ ゴジュウカラ サカツラガン ササゴイ サシバ サメビタキ サルハマシギ サンカノゴイ サンコウチョウ サンショウクイ シジュウカラ シノリガモ シベリアオオハシシギ シマアジ シマキンパラ シメ ショウドウツバメ シラガホオジロ シラコバト シロエリオオハム シロカモメ シロガシラ シロチドリ シロハラ シロハラクイナ シロハラホオジロ ジョウビタキ スズガモ スズメ ズグロカモメ セイタカシギ セグロカモメ セグロセキレイ セッカ センダイムシクイ ソウシチョウ ソリハシシギ ソリハシセイタカシギ タカサゴモズ タカブシギ タゲリ タシギ タヒバリ タマシギ タンチョウヅル ダイサギ ダイシャクシギ ダイゼン チゴハヤブサ チフチャフ チュウサギ チュウシャクシギ チュウジシギ チュウヒ チョウゲンボウ ツクシガモ ツグミ ツグミ(ハチジョウ) ツツドリ ツバメ ツバメチドリ ツミ ツメナガセキレイ ツリスガラ ツルシギ トウネン トビ トモエガモ トラツグミ ナベコウ ナベヅル ニシセグロカモメ ニュウナイスズメ ノグチゲラ ノゴマ ノジコ ノスリ ノビタキ ハイイロチュウヒ ハイタカ ハギマシコ ハクガン ハクセキレイ ハクセキレイ(タイワン) ハクセキレイ(ホオジロ) ハシビロガモ ハシブトアジサシ ハシブトガラ ハシブトガラス ハシボソガラス ハシボソミズナギドリ ハジロカイツブリ ハジロクロハラアジサシ ハジロコチドリ ハチクマ ハマシギ ハヤブサ バン ヒガラ ヒクイナ ヒシクイ ヒドリガモ ヒバリ ヒバリシギ ヒメアマツバメ ヒメイソヒヨ ヒメウ ヒメコンドル ヒヨドリ ヒレンジャク ビンズイ フクロウ ブッポウソウ ヘラサギ ベニアジサシ ベニヒワ ベニマシコ ホウロクシギ ホオアカ ホオジロ ホオジロガモ ホシガラス ホシハジロ ホシムクドリ ホトトギス マガモ マガン マナヅル マヒワ マミジロアジサシ マミジロキビタキ マミジロタヒバリ マミチャジナイ ミコアイサ ミサゴ ミソサザイ ミツユビカモメ ミフウズラ ミヤコドリ ミヤマガラス ミヤマホオジロ ミユビシギ ムギマキ ムクドリ ムシクイSP ムジセッカ ムナグロ ムラサキサギ メジロ メジロガモ メダイチドリ メボソムシクイ モズ ヤツガシラ ヤブサメ ヤマガラ ヤマゲラ ヤマセミ ヤマドリ ヤンバルクイナ ユキホオジロ ユリカモメ ヨシガモ ヨシゴイ リュウキュウコノハズク リュウキュウツバメ ルリビタキ ワシカモメ ワタリガラス 亀吉一家 伝書鳩 其の他 動物 夏休み 外コブハクチョウ 外コリンウズラ 外ソウシチョウ 夜空 彫刻 昆虫 楽天 機材 水族館 野花 鉄道 雑ガモ 飼鳥

フォト

カテゴリー