• 20191124k32008
  • 20191124k32011
  • 20191124k32002
  • 20191124k32003
  • 20191117e72045
  • 20191117e72047
  • 20191117e72045
  • 20191117k32072
  • 20191117e72042
  • 20191117e1d4001

2018年9月30日 (日)

初期化脳

20180922e72067 1年ぶりのタカ類秋の渡り、案外忘れているようでこのシルエットでサシバ!と思ったらノスリでした。ノスリっていたなぁファインダーでは思い出せないくらい忘れていました。

20180922e72061 ちなみにサシバもちゃんと写っていました。全然違うのに困ったものです。

2018年6月 7日 (木)

夏サシバ

20180602k32007 夏山に夏鳥を訪ねに行きました。肝心のオオルリは声すらしなかったけれど、サシバが出てくれました。

20180602k32008 こちらは換羽中の♀、ここらで繁殖するようです。

2017年10月 8日 (日)

バトンタッチ

20170930e1d4068 ハチクマの渡りも最終版だね~と思いながら片づけを始めたころ、サシバの群れが目の前を。

20170930e1d4071 サシバにもいろんな顔があるのです。
20170930e1d4074 そして旋回して
20170930e1d4087 ボディアタックかましてくれました。渡り鳥の覇権交代でした。

2016年9月30日 (金)

ハチクマ前線異常有

20160924e1d4020 EOS1Dmk4 + EF300mm F2.8L IS USM + EF2XIII

今シーズンはお山にハチクマ近づかず、ずっと遠くに上がる鷹柱(泣き)
20160924e1d4018 偶にやってきても高い、小さい。
20160924e1d4039 サシバとのバトルも遠い東の空でした。それもこれも東日本の大雨・台風の影響なのですかね?

2015年10月 1日 (木)

風向き変わる

20150926e1d4032 EOS1Dmk4 + EF300mm F2.8L IS USM + EF2XIII

お昼を過ぎたころ、良風に変わりました。それまで背後ばかりを飛んでいたハチクマが良いコースを飛ぶようになりました。お昼ご飯をしっかり食べていました。
20150926e1d4034 さらにはチゴハヤブサが頭上を通過していきました。人生2度目の出会いです。
20150926e1d4040 メスのハチクマも近くを飛んでくれました。
20150926e1d4042 さらにはサシバも南へ飛んでいきます。12時台は大忙しでした。

2014年9月24日 (水)

飛行機雲

20140921e1d4072 EOS1Dmk4 + EF300mm F2.8L IS USM + EF2XIII
お山に登りました。午前中は青空の下を飛ぶハチクマは皆無でした。飛ぶのは飛行機雲を引いた旅客機ばかり。
20140921e1d4035 それでも朝一にサシバが舞いました。どうも渡りではなくてこの辺で夏を過ごしている個体ではないかと思われます。
20140921e1d4037 反転した背中が日差しに輝きました。サシバはこちらでは珍しいので、この時点では朝から幸先いいぞとほくそ笑んでいたのですが...
20140921e1d4039 サシバも飛行機雲を引いていました。

2012年10月15日 (月)

サプライズ

201210081d4021 この日は色んなサプライズが重なった一日でした。朝一番のサプライズは、頭上に起きた鷹柱。
201210081d4022 背後でカラスが鳴いたなぁと思ったら、鷹の姿、しかもみるみる数が増えていきます。ハチクマにしては首が太いなと思いながら、手近の一羽、つまりは一番低い一羽を追い続けました。
201210081d4027 その1羽がどんどん小さくなって空へと溶けていきました。すると他の鷹も居なくなっていました。サシバが此処を通るなんて聞いてないよ!もう朝からびっくりでした。
201210081d4067 それにしてもいきなりの展開にテンパってしまって思うように撮れませんでした。鷹柱も撮り忘れてしまいました。それでも朝日を受けたサシバの翼がきらきらとしてたのが目に焼きついています。

2009年10月16日 (金)

領土侵犯

Img_4385 サシバとカラス EOS40D + EF100-400mm F4.5-5.6L IS USM

 正面の木のテッペンにサシバが留まっていました。1羽のカラスが近づいていました。カメラを構えて待っていると案の定、カラスがちょっかい出します。

Img_4386  サシバはすぐに逃げて行ってしまいました。平和主義者なんですね。でもカラスの方が少し大きいようですね。

Img_4392  カラスがちょっかい出した瞬間、あちこちでシャッター音が鳴り響きました。みんな考えることは一緒ですね。

2009年10月14日 (水)

サシバ舞う、山を、空をも、月も背に

Img_3944 サシバ EOS40D + EF100-400mm F4.5-5.6L IS USM

山を背に。 しかしサシバの渡りの撮影は厳しかったです。まあ条件があまりよくなかったのでしょうがないですが。トリミングしてもあまりいいものは無かったので遠目の写真を並べてみました。CanonのAFは背景優先なので、山をバックに飛んでいるところはなかなか鳥にピントを合わせてくれないのですが、たまに合っているのもありました。サシバの上面は赤褐色でした。

Img_3866 空を背に。 当日は曇りがちでなかなか青空をバックに飛んでくれなかったのですが、少し雲が薄くなったところを飛んでいるサシバです。この個体は尻尾が切れていました。カラスかツミにやられたのですかね。

Img_3720 月を背に。 サシバを追っかけてたら一瞬月が見えたような気がしました。1枚だけ丸い塊が写っていました。

 

2009年10月13日 (火)

領空侵犯

Img_3692 サシバとツミ EOS40D + EF100-400mm F4.5-5.6L IS USM トリミング

 ちょっと遠征してきました。同じM県内とはいえ実家のあるN市と目的地は正反対にあるので、初めての場所です。幸いROBINさんと合流することができたのでいい場所で待つことができました。今年は渡りの時期が早まっているので厳しいかもという話でしたが、着いてすぐに少しずつでは有りますが、サシバが現れてくれたので良かったです。そして何より驚いたのはサシバとツミの空中戦です。一方的にツミがサシバを追っかけていました。僕はもちろん見たこと無いですが、B29をゼロ戦が追っかけているようなものでしょうか?

Img_3662  上空から急降下してサシバを襲うツミ

Img_3686  足の爪で反撃するサシバ

Img_3688  接近戦

Img_3687  サシバ撃墜か

 最後はサシバが逃げていきました。ツミってとても喧嘩早い奴だったのですね。バッタか何か横取りでもされたのでしょうか?

その他のカテゴリー

Black Headed Gull Blackbird Brewer's Blackbird Chaffinch Dunnock Egyptian Goose Great Tit Greenfinch Heermann's gull House Sparrow Iceland Gull Jackdaw Jay Magpie Mute Swan Northern Mockingbird Nuthatch Ring-necked Parakeet Starling Western gull Woodpigeon アオアシシギ アオゲラ アオサギ アオジ アオジ(シベリア) アオバズク アオバト アカアシシギ アカエリヒレアシシギ アカガシラサギ アカゲラ アカコッコ アカショウビン アカツクシガモ アカハシハジロ アカハジロ アカハラ アカハラダカ アカヒゲ アジサシ アトリ アマサギ アマツバメ アメリカヒドリ アリスイ イカル イカルチドリ イスカ イソシギ イソヒヨドリ イワツバメ イワミセキレイ インドアカガシラサギ ウグイス ウズラシギ ウソ ウトウ ウミアイサ ウミウ ウミネコ エゾビタキ エゾムシクイ エナガ エリグロアジサシ エリマキシギ オオアカゲラ オオカラモズ オオクイナ オオコノハズク オオジシギ オオジュリン オオセグロカモメ オオソリハシシギ オオタカ オオハクチョウ オオハシシギ オオハム オオバン オオミズナギドリ オオメダイチドリ オオモズ オオヨシキリ オオルリ オオワシ オカヨシガモ オグロシギ オシドリ オジロトウネン オジロビタキ オジロワシ オナガ オナガガモ オバシギ カイツブリ カケス カササギ カシラダカ カッコウ カツオドリ カナダヅル カモメ カラシラサギ カラスバト カラフトアオアシシギ カラフトワシ カルガモ カワアイサ カワウ カワガラス カワセミ カワラバト カワラヒワ カンムリカイツブリ キアシシギ キクイタダキ キジ キジバト キセキレイ キビタキ キマユホオジロ キマユムシクイ キョウジョシギ キリアイ キレンジャク キンクロハジロ キンバト ギンムクドリ クイナ クサシギ クマゲラ クマタカ クロサギ クロジ クロツグミ クロツラヘラサギ クロヅル クロハラアジサシ ケアシノスリ コアオアシシギ コアジサシ コイカル コウノトリ コウライアイサ コオバシギ コガモ コガモ(アメリカ) コガラ コクガン コクマルガラス コゲラ コサギ コサメビタキ コシアカツバメ コジュケイ コチドリ コチョウゲンボウ コハクチョウ コホオアカ コミミズク コムクドリ コヨシキリ ゴイサギ ゴジュウカラ ゴジュウカラ(シロハラ) サカツラガン ササゴイ サシバ サメビタキ サルハマシギ サンカノゴイ サンコウチョウ サンショウクイ シジュウカラ シノリガモ シベリアオオハシシギ シマアジ シマキンパラ シメ ショウドウツバメ シラガホオジロ シラコバト シロエリオオハム シロカモメ シロガシラ シロチドリ シロハラ シロハラクイナ シロハラホオジロ ジョウビタキ スズガモ スズメ ズグロカモメ セイタカシギ セグロカモメ セグロセキレイ セッカ センダイムシクイ ソウシチョウ ソリハシシギ ソリハシセイタカシギ タカサゴモズ タカブシギ タゲリ タシギ タヒバリ タマシギ タンチョウヅル ダイサギ ダイシャクシギ ダイゼン チゴハヤブサ チフチャフ チュウサギ チュウシャクシギ チュウジシギ チュウヒ チョウゲンボウ ツクシガモ ツグミ ツグミ(ハチジョウ) ツツドリ ツバメ ツバメチドリ ツミ ツメナガセキレイ ツリスガラ ツルシギ トウネン トビ トモエガモ トラツグミ ナベコウ ナベヅル ニシセグロカモメ ニュウナイスズメ ノグチゲラ ノゴマ ノジコ ノスリ ノビタキ ハイイロチュウヒ ハイタカ ハギマシコ ハクガン ハクセキレイ ハクセキレイ(タイワン) ハクセキレイ(ホオジロ) ハシビロガモ ハシブトアジサシ ハシブトガラ ハシブトガラス ハシボソガラス ハシボソミズナギドリ ハジロカイツブリ ハジロクロハラアジサシ ハジロコチドリ ハチクマ ハマシギ ハヤブサ バン ヒガラ ヒクイナ ヒシクイ ヒドリガモ ヒバリ ヒバリシギ ヒメアマツバメ ヒメイソヒヨ ヒメウ ヒメコンドル ヒヨドリ ヒレンジャク ビンズイ フクロウ ブッポウソウ ヘラサギ ベニアジサシ ベニヒワ ベニマシコ ホウロクシギ ホオアカ ホオジロ ホオジロガモ ホシガラス ホシハジロ ホシムクドリ ホトトギス マガモ マガン マナヅル マヒワ マミジロアジサシ マミジロキビタキ マミジロタヒバリ マミチャジナイ ミコアイサ ミサゴ ミソサザイ ミツユビカモメ ミフウズラ ミヤコドリ ミヤマガラス ミヤマホオジロ ミユビシギ ムギマキ ムクドリ ムシクイSP ムジセッカ ムナグロ ムラサキサギ メジロ メジロガモ メダイチドリ メボソムシクイ モズ ヤツガシラ ヤブサメ ヤマガラ ヤマゲラ ヤマセミ ヤマドリ ヤンバルクイナ ユキホオジロ ユリカモメ ヨシガモ ヨシゴイ リュウキュウコノハズク リュウキュウツバメ ルリビタキ ワシカモメ ワタリガラス 亀吉一家 伝書鳩 其の他 動物 夏休み 外コブハクチョウ 外コリンウズラ 外ソウシチョウ 夜空 彫刻 昆虫 楽天 機材 水族館 野花 鉄道 雑ガモ 飼鳥

フォト

カテゴリー