• 20190929k32062
  • 20190929k32130
  • 20190929k32107
  • 20190929k32132
  • 20190929k32059
  • 20190929k32038_20191002232201
  • 20190929k32002
  • 20190915e72049
  • 20190915e72051
  • 20190915e72039

2015年4月 3日 (金)

あーん

20150322e1d4102 EOS1Dmk4 + EF300mm F2.8L IS USM + EF2XIII
砂浜にはホオジロハクセキレイ、渡りの途中です。白黒のはっきりした、今まで見た中で一番綺麗なホオジロハクセキレイでした。
20150322e1d4136 綺麗な海をバックにぴょんぴょん撥ねて嬉しそう。
20150322e1d4111 いったい何を遊んでいるの?
20150322e1d4112 打ち上げられた海草に湧いた虫を食べるのに夢中なのでした。FZ1000に頼らず撮った方がやっぱり楽しい。

2013年4月 2日 (火)

腹白ウミウと頬白ハクセキレイ

20130324k52s001 K-5IIs + A★1200mmF8 ED
白無垢鳥に続いて白いウミウ登場。でもこれは幼鳥の羽色なんですね。こいつがいると自信を持ってカワウじゃなくてウミウだよと言えたりします。
20130324k52s002 学生時代、真正面向いて立っているこの幼鳥ウミウを見て、ペンギン?と思ったりしたこと、懐かしく思い出しました。
20130324k52s012 この島にはもう一羽白い鳥が居ました。去年に続いての登場です。

2012年3月23日 (金)

渡りの季節

20120303e5d305 ホオジロハクセキレイ EOS5DMKII + EF300mm F2.8L IS USM + EF2XII
 駐車場に使われてた空き地にホオジロハクセキレイが立ち寄りました。団体さんです。みんなスマートな体つきと、真っ白い顔にキュートな眼、背中は黒く、夏羽でした。
20120303e5d309  尾を立てた姿も可愛くて堪りません。
20120303e5d306  停めた車の周りをうろちょろしています。ああ、あの車に乗ってりゃ良かった!
20120303e5d314  何とか近づいてくれないかなぁと思ってましたが、風の様に去っていきました。寒い寒いと思っていましたが、渡りの季節、もう始まっていました。

2011年12月30日 (金)

タイワンホオジロ

20111224e5d033 ホオジロハクセキレイ  EOS5DMKII + EF300mm F2.8L IS USM + EF2XII
 岸辺にはハクセキレイがやって来ました。ホオジロハクセキレイのようですが、少しだけ黒い線があるような。背中も灰色でタイワンハクセキレイとの中間型かな?
20111224e5d035  も少し近寄ってくれるかと思ったらアオアシシギが来て飛ばしてしまいました。
20111224e5d036  アオアシシギは対岸に数羽居て時々鳴きながら1羽だけ飛んできます。近寄ってくれる個体はひょっとしたら決まっているのかも知れませんが、区別は付きません。

2011年9月 8日 (木)

されど田上のサンショウクイ

_mg_5088 ホオジロハクセキレイ  EOS5DMKII + EF300mm F2.8L IS USM + EF2XII
 飛び立ったところで、車の中、じっと待っていました。しばらくすると遠くへ行ったハクセキレイたちが戻って来ました。ホオジロハクセキレイは運のいいことに車の直ぐ前に降りてくれました。後頭が逆立っていて可愛い顔をしています。
_mg_5179  この日の朝、冷たくされたR山のサンショウクイを思い出すような、白と黒のハクセキレイ、田上のサンショウクイと呼ばさせて貰いました。
_mg_5212  何か捕まえました。蛭でもミミズでもなさそうです。蝶類の幼虫のようにも見えたし、マメ科の植物かなにかのしなびたものにも見えました。
_mg_5241  また捕まえました。今度は手足のようなものが見えます。蛍の幼虫のようなそんな虫でした。一気に食べてしまいました。この個体、背中が灰色なのでシベリアハクセキレイではと思いましたが、雨覆いの色からホオジロハクセキレイ(の若鳥?)と判断しました。
 

2009年8月 8日 (土)

藤子不二雄漫画

Hoojirohakusekirei008 ホオジロハクセキレイ EOS40D + EF100-400mm F4.5-5.6L IS USM トリミング

 ホオジロハクセキレイを最初に見たのは1983年の出水だったが、証拠写真にもならなかった。それから見島で何回か出会っているのだが、いつも証拠写真レベルであった。今年の見島でもタイワンハクセキレイに混じっていたのだが、あまり近くに寄って来なかった。ハクセキレイの中では一番距離の遠い亜種なのかもと思う。最終日に船着場でデータを整理していたら屋根の上に留まったハクセキレイが居て、逆光・空抜けにも構わずとりあえず写真撮ったら、ホオジロハクセキレイであった。光の加減で過眼線が有るようにも見えるがこれは陰である。

Hoojirohakusekirei009  正面を向いたホオジロハクセキレイは、藤子不二雄の漫画に出てくるキャラクターのような顔をしていた。そういえば高校時代、前髪が癖毛が跳ね上がるので、悪友に手塚漫画と呼ばれていた時代があったことを思い出した。

Hoojirohakusekirei010 ハクセキレイ混血?

 前に紹介したR山のハクセキレイは、やはり体付きがずんぐりしていて、明らかにスマートなホオジロハクセキレイとは異なるようです。 

その他のカテゴリー

Black Headed Gull Blackbird Brewer's Blackbird Chaffinch Dunnock Egyptian Goose Great Tit Greenfinch Heermann's gull House Sparrow Iceland Gull Jackdaw Jay Magpie Mute Swan Northern Mockingbird Nuthatch Ring-necked Parakeet Starling Western gull Woodpigeon アオアシシギ アオゲラ アオサギ アオジ アオジ(シベリア) アオバズク アオバト アカアシシギ アカエリヒレアシシギ アカガシラサギ アカゲラ アカコッコ アカショウビン アカツクシガモ アカハシハジロ アカハジロ アカハラ アカハラダカ アカヒゲ アジサシ アトリ アマサギ アマツバメ アメリカヒドリ アリスイ イカル イカルチドリ イスカ イソシギ イソヒヨドリ イワツバメ イワミセキレイ インドアカガシラサギ ウグイス ウズラシギ ウソ ウトウ ウミアイサ ウミウ ウミネコ エゾビタキ エゾムシクイ エナガ エリグロアジサシ エリマキシギ オオアカゲラ オオカラモズ オオクイナ オオコノハズク オオジシギ オオジュリン オオセグロカモメ オオソリハシシギ オオタカ オオハクチョウ オオハシシギ オオハム オオバン オオミズナギドリ オオメダイチドリ オオモズ オオヨシキリ オオルリ オオワシ オカヨシガモ オグロシギ オシドリ オジロトウネン オジロビタキ オジロワシ オナガ オナガガモ オバシギ カイツブリ カケス カササギ カシラダカ カッコウ カツオドリ カナダヅル カモメ カラシラサギ カラスバト カラフトアオアシシギ カラフトワシ カルガモ カワアイサ カワウ カワガラス カワセミ カワラバト カワラヒワ カンムリカイツブリ キアシシギ キクイタダキ キジ キジバト キセキレイ キビタキ キマユホオジロ キマユムシクイ キョウジョシギ キリアイ キレンジャク キンクロハジロ キンバト ギンムクドリ クイナ クサシギ クマゲラ クマタカ クロサギ クロジ クロツグミ クロツラヘラサギ クロヅル クロハラアジサシ ケアシノスリ コアオアシシギ コアジサシ コイカル コウノトリ コウライアイサ コオバシギ コガモ コガモ(アメリカ) コガラ コクガン コクマルガラス コゲラ コサギ コサメビタキ コシアカツバメ コジュケイ コチドリ コチョウゲンボウ コハクチョウ コホオアカ コミミズク コムクドリ コヨシキリ ゴイサギ ゴジュウカラ サカツラガン ササゴイ サシバ サメビタキ サルハマシギ サンカノゴイ サンコウチョウ サンショウクイ シジュウカラ シノリガモ シベリアオオハシシギ シマアジ シマキンパラ シメ ショウドウツバメ シラガホオジロ シラコバト シロエリオオハム シロカモメ シロガシラ シロチドリ シロハラ シロハラクイナ シロハラホオジロ ジョウビタキ スズガモ スズメ ズグロカモメ セイタカシギ セグロカモメ セグロセキレイ セッカ センダイムシクイ ソウシチョウ ソリハシシギ ソリハシセイタカシギ タカサゴモズ タカブシギ タゲリ タシギ タヒバリ タマシギ タンチョウヅル ダイサギ ダイシャクシギ ダイゼン チゴハヤブサ チフチャフ チュウサギ チュウシャクシギ チュウジシギ チュウヒ チョウゲンボウ ツクシガモ ツグミ ツグミ(ハチジョウ) ツツドリ ツバメ ツバメチドリ ツミ ツメナガセキレイ ツリスガラ ツルシギ トウネン トビ トモエガモ トラツグミ ナベコウ ナベヅル ニシセグロカモメ ニュウナイスズメ ノグチゲラ ノゴマ ノジコ ノスリ ノビタキ ハイイロチュウヒ ハイタカ ハギマシコ ハクガン ハクセキレイ ハクセキレイ(タイワン) ハクセキレイ(ホオジロ) ハシビロガモ ハシブトアジサシ ハシブトガラ ハシブトガラス ハシボソガラス ハシボソミズナギドリ ハジロカイツブリ ハジロクロハラアジサシ ハジロコチドリ ハチクマ ハマシギ ハヤブサ バン ヒガラ ヒクイナ ヒシクイ ヒドリガモ ヒバリ ヒバリシギ ヒメアマツバメ ヒメイソヒヨ ヒメウ ヒメコンドル ヒヨドリ ヒレンジャク ビンズイ フクロウ ブッポウソウ ヘラサギ ベニアジサシ ベニヒワ ベニマシコ ホウロクシギ ホオアカ ホオジロ ホオジロガモ ホシガラス ホシハジロ ホシムクドリ ホトトギス マガモ マガン マナヅル マヒワ マミジロアジサシ マミジロキビタキ マミジロタヒバリ マミチャジナイ ミコアイサ ミサゴ ミソサザイ ミツユビカモメ ミフウズラ ミヤコドリ ミヤマガラス ミヤマホオジロ ミユビシギ ムギマキ ムクドリ ムシクイSP ムジセッカ ムナグロ ムラサキサギ メジロ メジロガモ メダイチドリ メボソムシクイ モズ ヤツガシラ ヤブサメ ヤマガラ ヤマゲラ ヤマセミ ヤマドリ ヤンバルクイナ ユキホオジロ ユリカモメ ヨシガモ ヨシゴイ リュウキュウコノハズク リュウキュウツバメ ルリビタキ ワシカモメ ワタリガラス 亀吉一家 伝書鳩 其の他 動物 夏休み 外コブハクチョウ 外コリンウズラ 外ソウシチョウ 夜空 彫刻 昆虫 楽天 機材 水族館 野花 鉄道 雑ガモ 飼鳥

フォト

カテゴリー