• 20190316e72172
  • 20190316e72177
  • 2019030332071
  • 2019030332068
  • 2019030332065
  • 2019030332040
  • 2019030332008
  • 2019030332030
  • 2019030232081
  • 2019030232076

2015年5月15日 (金)

日頃の精進

20150507e1d4014 EOS1Dmk4 + EF300mm F2.8L IS USM + EF2XIII
干潟に降りる前に数日間観察されている方が、出現鳥リストを見せてくれました。見ていない種が居なかったので少し残念。結局今年はライファーなし、まぁこれも日頃の精進の賜物ですね。そのリストにあった珍鳥種、とりあえず見つけねばと必修課題。エリマキシギは隣で見てた東京から来られたご婦人が見つけてくれました。
20150507e1d4028 おまけにエリマキシギを撮っている間にサルハマシギも先を越されてしまいました。
20150507e1d4037 さらに、遠くのオオハシシギと
20150507e1d4036 シベリアオオハシシギは、連日観察されてる方が早速見つけて教えてもらいました。
20150507e1d4070 なんとかコオバシギは自力で見つけました。リストにあったカラフトアオアシシギは見つけられずじまい。帰る間際にお礼のご挨拶に行くと、"鳥くん"だったのでびっくり。てっきり地元の方だと思っていました。

2014年5月23日 (金)

行司差し違え

20140520003 今年の大授搦で報告したシベリアオオハシシギに審判団より、オオハシシギではないかとの物言いが付きましたので検証しました。まずは去年の丁度2種が重なった写真から。正直、より赤いのがシベリアオオハシシギで、藤色のがオオハシシギというくらいの感覚でした。実は背中の羽の白い縁取りの違いも大きなポイントなんだそうです。形や長さも違うようです。
20140520004 次に今年の3羽を等倍近くにトリミング、ご覧のとおりの不鮮明な画像です。まだ薄暗い時のを増感したからね。で前のと見比べると写りが悪くてよく判らんと逃げたいところですが、羽の形からするとオオハシシギの方が正解のような気がしてきました。よって行司差し違えで今年のはオオハシシギの勝ち。

2014年5月13日 (火)

砲台より

20140428k52s158 K-5IIs + A★1200mmF8 ED
今回は堤防の車の後ろに設置した大砲で、干潟に戻ってくるシギチを撮りまくり、おまけに雨だったしね。赤い軍団の中にオバシギ発見。
20140428k52s164 波打ち際にはキョウジョシギ、足が短いからねぇ。
20140428k52s169 そしてオオハシシギの姿も、隣の陣地の方が見つけてくれました。
20140428k52s201 珍しく?ウズラシギの姿も干潟にありました。

2014年5月 6日 (火)

聖地巡礼

20140428e5d2010 EOS5Dmk2 + EF70-200mm F2.8L IS USM
強行軍で聖地巡礼に行って来ました。この日は満潮時刻が早いのと生憎の天気で薄暗いうちから干潟にスタンバイ。
20140428e1d4024 以下EOS1Dmk4 + EF300mm F2.8L IS USM + EF2XIII
今年もシベリアオオハシシギらしき姿がありました。でも他のシギチが邪魔でよく見えません。
20140428e1d4028 その時ハマシギの大爆発、物凄い数が飛び立ちました。
20140428e1d4025 そしたら3羽だけがすっきりと残っててくれました。でも次の爆発で見失ってしまいました。このときまだ暗くて遠かったけれど、とりあえず証拠写真撮ってて良かったのか悪かったのか。5月20日にオオハシシギに訂正いたしました。

2014年1月10日 (金)

遠くの本命より近くの...

20131229k52s003 K-5IIs + A★1200mmF8 ED
イワミセキレイを無事見れたので、オオハシシギに逢いに行きました。調整池の奥のほうで採餌していましたが、生憎遠い...もっとも着いたはも少し近いところに居たのですが...アプローチを失敗しました。
20131229k52s004 そこへダイサギが頼みもしないのに飛んできて、より多く撮ってしまいました。やっぱり近いほうが撮ってて楽しいのでした。

2013年6月 4日 (火)

夢の競演

201304291d4036 EOS1Dmk4 + EF300mm F2.8L IS USM + EF2XII
赤いシベリアオオハシシギと共にやって来た少し地味な色合いのシギ、なんとオオハシシギの夏羽でした。これも冬羽しか見たことなかったので感激です。それにしても×シギ(小学館・日本の野鳥)の揃い踏み、さすが大授搦です。
201304291d4050 満ちてきた波にさっさと去っていったシベリアさんと違って、オオハシシギは粘ってくれました。似たような名前と姿ですが、習性はかなり違うのかも。
201304291d4053 それでも、最後は1羽、2羽と飛び立っていきました。飛翔まで見れて大収穫でした。

2011年1月20日 (木)

今季の目玉

201101025d310 オオハシシギ EOS5DMKII + EF300mm F2.8L IS USM+ EF2XII 

 昨季はアカツクシガモ、一昨季はソリハシセイタカシギでしたが、今季の目玉は地味ですけれどこの鳥でしした。もちろん初見初撮りです。

201101025d300  お尻の羽が逆立ちました。後ろからの風の悪戯でしょうか?図鑑には載っていない姿です。

201101025d307  ソリハシシギとすれ違いました。こんな2ショットが見れるなんて、正月早々うれしい限りです。

その他のカテゴリー

Black Headed Gull Blackbird Brewer's Blackbird Chaffinch Dunnock Egyptian Goose Great Tit Greenfinch Heermann's gull House Sparrow Iceland Gull Jackdaw Jay Magpie Mute Swan Northern Mockingbird Nuthatch Ring-necked Parakeet Starling Western gull Woodpigeon アオアシシギ アオゲラ アオサギ アオジ アオバズク アオバト アカアシシギ アカエリヒレアシシギ アカガシラサギ アカゲラ アカコッコ アカショウビン アカツクシガモ アカハシハジロ アカハジロ アカハラ アカハラダカ アカヒゲ アジサシ アトリ アマサギ アマツバメ アメリカヒドリ アリスイ イカル イカルチドリ イスカ イソシギ イソヒヨドリ イワツバメ イワミセキレイ インドアカガシラサギ ウグイス ウズラシギ ウソ ウトウ ウミアイサ ウミウ ウミネコ エゾビタキ エゾムシクイ エナガ エリグロアジサシ エリマキシギ オオアカゲラ オオカラモズ オオクイナ オオコノハズク オオジシギ オオジュリン オオセグロカモメ オオソリハシシギ オオタカ オオハクチョウ オオハシシギ オオハム オオバン オオミズナギドリ オオメダイチドリ オオモズ オオヨシキリ オオルリ オオワシ オカヨシガモ オグロシギ オシドリ オジロトウネン オジロビタキ オジロワシ オナガ オナガガモ オバシギ カイツブリ カケス カササギ カシラダカ カッコウ カツオドリ カナダヅル カモメ カラシラサギ カラスバト カラフトアオアシシギ カラフトワシ カルガモ カワアイサ カワウ カワガラス カワセミ カワラバト カワラヒワ カンムリカイツブリ キアシシギ キクイタダキ キジ キジバト キセキレイ キビタキ キマユムシクイ キョウジョシギ キリアイ キレンジャク キンクロハジロ キンバト ギンムクドリ クイナ クサシギ クマゲラ クマタカ クロサギ クロジ クロツグミ クロツラヘラサギ クロヅル クロハラアジサシ ケアシノスリ コアオアシシギ コアジサシ コイカル コウノトリ コウライアイサ コオバシギ コガモ コガモ(アメリカ) コガラ コクガン コクマルガラス コゲラ コサギ コサメビタキ コシアカツバメ コジュケイ コチドリ コチョウゲンボウ コハクチョウ コホオアカ コミミズク コムクドリ コヨシキリ ゴイサギ ゴジュウカラ サカツラガン ササゴイ サシバ サメビタキ サルハマシギ サンカノゴイ サンコウチョウ サンショウクイ シジュウカラ シノリガモ シベリアオオハシシギ シマアジ シマキンパラ シメ ショウドウツバメ シラガホオジロ シラコバト シロエリオオハム シロカモメ シロガシラ シロチドリ シロハラ シロハラクイナ シロハラホオジロ ジョウビタキ スズガモ スズメ ズグロカモメ セイタカシギ セグロカモメ セグロセキレイ セッカ センダイムシクイ ソウシチョウ ソリハシシギ ソリハシセイタカシギ タカサゴモズ タカブシギ タゲリ タシギ タヒバリ タマシギ タンチョウヅル ダイサギ ダイシャクシギ ダイゼン チゴハヤブサ チフチャフ チュウサギ チュウシャクシギ チュウジシギ チュウヒ チョウゲンボウ ツクシガモ ツグミ ツグミ(ハチジョウ) ツツドリ ツバメ ツバメチドリ ツミ ツメナガセキレイ ツリスガラ ツルシギ トウネン トビ トモエガモ トラツグミ ナベコウ ナベヅル ニシセグロカモメ ニュウナイスズメ ノグチゲラ ノゴマ ノジコ ノスリ ノビタキ ハイイロチュウヒ ハイタカ ハギマシコ ハクガン ハクセキレイ ハクセキレイ(タイワン) ハクセキレイ(ホオジロ) ハシビロガモ ハシブトアジサシ ハシブトガラ ハシブトガラス ハシボソガラス ハシボソミズナギドリ ハジロカイツブリ ハジロクロハラアジサシ ハジロコチドリ ハチクマ ハマシギ ハヤブサ バン ヒガラ ヒクイナ ヒシクイ ヒドリガモ ヒバリ ヒバリシギ ヒメアマツバメ ヒメイソヒヨ ヒメウ ヒメコンドル ヒヨドリ ヒレンジャク ビンズイ フクロウ ブッポウソウ ヘラサギ ベニアジサシ ベニヒワ ベニマシコ ホウロクシギ ホオアカ ホオジロ ホオジロガモ ホシガラス ホシハジロ ホシムクドリ ホトトギス マガモ マガン マナヅル マヒワ マミジロアジサシ マミジロキビタキ マミジロタヒバリ マミチャジナイ ミコアイサ ミサゴ ミソサザイ ミツユビカモメ ミフウズラ ミヤコドリ ミヤマガラス ミヤマホオジロ ミユビシギ ムギマキ ムクドリ ムシクイSP ムジセッカ ムナグロ ムラサキサギ メジロ メジロガモ メダイチドリ メボソムシクイ モズ ヤツガシラ ヤブサメ ヤマガラ ヤマゲラ ヤマセミ ヤマドリ ヤンバルクイナ ユキホオジロ ユリカモメ ヨシガモ ヨシゴイ リュウキュウコノハズク リュウキュウツバメ ルリビタキ ワシカモメ ワタリガラス 亀吉一家 伝書鳩 其の他 動物 夏休み 外コブハクチョウ 外コリンウズラ 外ソウシチョウ 夜空 彫刻 昆虫 楽天 機材 水族館 野花 鉄道 雑ガモ 飼鳥

フォト

カテゴリー