• 20181111k32034
  • 20181111k32031
  • 20181111k32028
  • 20181111k32016
  • 20181111k32014
  • 20181103e72112
  • 20181103e72110
  • 20181103e72108
  • 20181103e72105
  • 20181103e72104

一羽

20171216k3ii003 ミコアイサを探してたら、ハジロカイツブリが見つかりました。春先は群れを見ることもありますがとりあえず1羽のみ。

仲間

20151128e1d4038 EOS1Dmk4 + EF300mm F2.8L IS USM + EF2XIII

カイツブリの中にも白っぽいのがいました。サイズがほぼ一緒なので仲間と間違えている?
20151128e1d4041 此処の池にも冬の顔が揃ってきました。

お弁当背負って

20141011e1d4096 EOS1Dmk4 + EF300mm F2.8L IS USM + EF2XIII
ゴカイを獲ってたハジロカイツブリ、食べ損ねたようで逃げたゴカイかその切れ端が背中に付いていました。
20141011e1d4097 まるで背中にお弁当を背負っているようです。
20141011e1d4099 でも何度か潜ったりしているうちに居なくなっていました。それをクスクス笑っていたら聞こえたみたいで、こちらを睨みつけ
20141011e1d4100 「麺類は食べなれてないんじゃ」と捨て台詞?

面被りクロール

20141011e1d4092 EOS1Dmk4 + EF300mm F2.8L IS USM + EF2XIII
帰ろうと思ってたところをハジロカイツブリが引き止めました。とりあえず花がらみ。
20141011e1d4093 浅瀬なので頭だけ突っ込んで食べ物を探していました。面被りクロールみたいです。翼で掻きはしませんでしたが。
20141011e1d4094 顔を上げて飛ばす水しぶきがいいですね。
20141011e1d4095 コオバシギと同じようなゴカイを捕まえていました。

赤い眼再び

201312291d4042 EOS1Dmk4 + EF300mm F2.8L IS USM + EF2XIII
年末の宮崎鳥見編、まだまだ続きます。調整池の反対側に移動して、眩い逆光の中、ハジロカイツブリらしき鳥影を見つけました。先日MFでたくさん見て予習していたので直ぐにわかりました。
201312291d4044 逆光の中でも赤い眼が光っていました。ハジロカイツブリ今年は多いようです。

個性

201312231d4107_2 EOS1Dmk4 + EF300mm F2.8L IS USM + EF2XIII
ハジロカイツブリの髪型には個体差があります、ミミと紛らわしいのも居ますが、本物のミミをみれば一目瞭然とか。昔見た記録は残っていますが、まったく覚えていません。5000億円くらいの価値があれば絶対覚えているはずですが。
201312231d4101 ひょっとしたら成長度合いと連動しているのかもしれませんね。
201312231d4129 コーナーを曲がると大群が接岸していました。顔全体が黒っぽい個体も居ました。

赤い眼

201312231d4061 EOS1Dmk4 + EF300mm F2.8L IS USM + EF2XIII
海上にハジロカイツブリの姿が見えました。遠くには数羽の群れそして、
201312231d4073 近くに一羽、愛想良い子が浮かび上がってくれました。背中に水玉載せてます。
201312231d4078 おまけに羽ばたきのサービスまで。

わけあり

20130501e1d4065 EOS1Dmk4 + EF300mm F2.8L IS USM + EF2XII
夏衣のハジロカイツブリに逢えました。赤い目と黄色の鬢飾りが綺麗です。危うくただカイツブリと油断してスルーするところでした。夏羽成りかけなら春先の海に浮かんでいることも有りますが、完璧夏羽は初めてです!
20130501e1d4064 なんでこの時期に居るの?、それには悲しい訳がありました。足が片方無いのです。左足だけだと潜ることもままならない。
20130501k5iis066_2 K-5IIs + A★1200mmF8 ED
この子が生きた証を写真に残しましょうと、1200mmを担いで池の周りを回りました。冬と違って薄着なので、重さが肩に、ずっしりと痛かった。

噂の二鳥

20111211k20d185 ハジロカイツブリ K20D + A★1200mmF8 ED
 羽白ミミさんが来ているらしいという噂を聞きました。一度行ったけれど荒天で波間に浮き沈みする小さいカイツブリを識別することはできませんでした。好天のこの日、先日は近寄ってくれなかったカイツブリ、こっち岸近くにやって来てくれました。
20111211k20d190  確かに微妙に顔が違います。頭の形も、嘴の長さも。体色の濃さも少し違うかな。
20111211k20d191  それでもめちゃ微妙です。ミミカイツブリの画像を調べるともっと境目がくっきりして居そうなんだよね。ミミなら初撮りなんですが、うーん、今回はハジロカイツブリの個体差の範囲のような気がします。ミミと断定して間違っていたら羽白恥朗になってしまいますからね。

渋滞

2011021240d001  ようやく暖かくなるかと思ったら、またまた寒くなりました。今度は雪がたくさん降って高速道路は通行止めになるやら大変でした。3連休の初日、スラムダンクでおなじみの宿に泊まってきました。ここの大広間にはこんな剥製が飾って有ります。恐らくハチクマの♀では。

2011021240d003  スキー場を12時に引き上げたのですが、中国道のみならず山陽道も想定外の通行止め。2号線には車が溢れて、宮島を2時間ばかし横に見ながらのろのろ運転です。雪はやみ空は晴れているのですが、よっぽど雪が降ったと思われます。助手席からEOS40DとEF100-400で暇つぶし。牡蠣殻を捨てた場所にはカラスの大群が居ました。

2011021240d004  カイツブリ類が数羽浮いていると思ったらみんな潜ってしまって、それでも1羽また出てくれました。此処にはハジロカイツブリが群れで居るんですね。この他にもヒドリガモ、ホシハジロ、ウミネコ、ムクドリなんかを眺めながら渋滞を過ごしました。日が暮れてからも渋滞は続き、結局家にたどり着いたのは夜の11時ごろでした。

2011021240d005  翌日、まだ雪の残る庭に今年も白髪雀が来てくれました。

 

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

Black Headed Gull | Blackbird | Brewer's Blackbird | Chaffinch | Dunnock | Egyptian Goose | Great Tit | Greenfinch | Heermann's gull | House Sparrow | Iceland Gull | Jackdaw | Jay | Magpie | Mute Swan | Northern Mockingbird | Nuthatch | Ring-necked Parakeet | Starling | Western gull | Woodpigeon | アオアシシギ | アオゲラ | アオサギ | アオジ | アオバズク | アオバト | アカアシシギ | アカエリヒレアシシギ | アカガシラサギ | アカゲラ | アカコッコ | アカショウビン | アカツクシガモ | アカハシハジロ | アカハジロ | アカハラ | アカハラダカ | アカヒゲ | アジサシ | アトリ | アマサギ | アマツバメ | アメリカヒドリ | アリスイ | イカル | イカルチドリ | イスカ | イソシギ | イソヒヨドリ | イワツバメ | イワミセキレイ | インドアカガシラサギ | ウグイス | ウズラシギ | ウソ | ウトウ | ウミアイサ | ウミウ | ウミネコ | エゾビタキ | エゾムシクイ | エナガ | エリグロアジサシ | エリマキシギ | オオアカゲラ | オオカラモズ | オオクイナ | オオコノハズク | オオジシギ | オオジュリン | オオセグロカモメ | オオソリハシシギ | オオタカ | オオハクチョウ | オオハシシギ | オオハム | オオバン | オオミズナギドリ | オオメダイチドリ | オオモズ | オオヨシキリ | オオルリ | オオワシ | オカヨシガモ | オグロシギ | オシドリ | オジロトウネン | オジロビタキ | オジロワシ | オナガ | オナガガモ | オバシギ | カイツブリ | カケス | カササギ | カシラダカ | カッコウ | カツオドリ | カナダヅル | カモメ | カラシラサギ | カラスバト | カラフトアオアシシギ | カラフトワシ | カルガモ | カワアイサ | カワウ | カワガラス | カワセミ | カワラバト | カワラヒワ | カンムリカイツブリ | キアシシギ | キクイタダキ | キジ | キジバト | キセキレイ | キビタキ | キマユムシクイ | キョウジョシギ | キリアイ | キレンジャク | キンクロハジロ | キンバト | ギンムクドリ | クイナ | クサシギ | クマゲラ | クマタカ | クロサギ | クロジ | クロツグミ | クロツラヘラサギ | クロヅル | クロハラアジサシ | ケアシノスリ | コアオアシシギ | コアジサシ | コイカル | コウノトリ | コウライアイサ | コオバシギ | コガモ | コガラ | コクガン | コクマルガラス | コゲラ | コサギ | コサメビタキ | コシアカツバメ | コジュケイ | コチドリ | コチョウゲンボウ | コハクチョウ | コホオアカ | コミミズク | コムクドリ | コヨシキリ | ゴイサギ | ゴジュウカラ | サカツラガン | ササゴイ | サシバ | サメビタキ | サルハマシギ | サンカノゴイ | サンコウチョウ | サンショウクイ | シジュウカラ | シノリガモ | シベリアオオハシシギ | シマアジ | シマキンパラ | シメ | ショウドウツバメ | シラガホオジロ | シラコバト | シロエリオオハム | シロカモメ | シロガシラ | シロチドリ | シロハラ | シロハラクイナ | シロハラホオジロ | ジョウビタキ | スズガモ | スズメ | ズグロカモメ | セイタカシギ | セグロカモメ | セグロセキレイ | セッカ | センダイムシクイ | ソウシチョウ | ソリハシシギ | ソリハシセイタカシギ | タカサゴモズ | タカブシギ | タゲリ | タシギ | タヒバリ | タマシギ | タンチョウヅル | ダイサギ | ダイシャクシギ | ダイゼン | チゴハヤブサ | チフチャフ | チュウサギ | チュウシャクシギ | チュウジシギ | チュウヒ | チョウゲンボウ | ツクシガモ | ツグミ | ツグミ(ハチジョウ) | ツツドリ | ツバメ | ツバメチドリ | ツミ | ツメナガセキレイ | ツリスガラ | ツルシギ | トウネン | トビ | トモエガモ | トラツグミ | ナベコウ | ナベヅル | ニシセグロカモメ | ニュウナイスズメ | ノグチゲラ | ノゴマ | ノジコ | ノスリ | ノビタキ | ハイイロチュウヒ | ハイタカ | ハギマシコ | ハクガン | ハクセキレイ | ハクセキレイ(タイワン) | ハクセキレイ(ホオジロ) | ハシビロガモ | ハシブトアジサシ | ハシブトガラ | ハシブトガラス | ハシボソガラス | ハシボソミズナギドリ | ハジロカイツブリ | ハジロクロハラアジサシ | ハジロコチドリ | ハチクマ | ハマシギ | ハヤブサ | バン | ヒガラ | ヒクイナ | ヒシクイ | ヒドリガモ | ヒバリ | ヒバリシギ | ヒメアマツバメ | ヒメイソヒヨ | ヒメウ | ヒメコンドル | ヒヨドリ | ヒレンジャク | ビンズイ | フクロウ | ブッポウソウ | ヘラサギ | ベニアジサシ | ベニヒワ | ベニマシコ | ホウロクシギ | ホオアカ | ホオジロ | ホオジロガモ | ホシガラス | ホシハジロ | ホシムクドリ | ホトトギス | マガモ | マガン | マナヅル | マヒワ | マミジロアジサシ | マミジロキビタキ | マミジロタヒバリ | マミチャジナイ | ミコアイサ | ミサゴ | ミソサザイ | ミツユビカモメ | ミフウズラ | ミヤコドリ | ミヤマガラス | ミヤマホオジロ | ミユビシギ | ムギマキ | ムクドリ | ムシクイSP | ムジセッカ | ムナグロ | ムラサキサギ | メジロ | メジロガモ | メダイチドリ | メボソムシクイ | モズ | ヤツガシラ | ヤブサメ | ヤマガラ | ヤマゲラ | ヤマセミ | ヤマドリ | ヤンバルクイナ | ユキホオジロ | ユリカモメ | ヨシガモ | ヨシゴイ | リュウキュウコノハズク | リュウキュウツバメ | ルリビタキ | ワシカモメ | ワタリガラス | 亀吉一家 | 伝書鳩 | 其の他 | 動物 | 夏休み | 外コブハクチョウ | 外コリンウズラ | 外ソウシチョウ | 夜空 | 彫刻 | 昆虫 | 楽天 | 機材 | 水族館 | 野花 | 鉄道 | 雑ガモ | 飼鳥

フォト

カテゴリー