• 20190609k32042
  • 20190609k32052
  • 20190609k32049
  • 20190609k32040
  • 20190609k32023
  • 20190609k32054
  • 20190609k32025
  • 20190609k32016
  • 20190609k32045
  • 20190609k32031

2018年6月 2日 (土)

後ろのカラシラアサギ

20180520k32352 午前中どこかへ飛んで行ったカラシラサギが、クロツラヘラサギの後ろに突然現れました。この後沖の方へと移動していってまた姿を消しました。

2016年5月13日 (金)

パーマ

20160507e1d4014 EOS1Dmk4 + EF300mm F2.8L IS USM + EF2XIII

前日、早朝に来るといいことあるよと言われ、霧雨が残る中、早朝のK浜へ。なるほど奥の杭に変な頭のサギが留まっている!
20160507e1d4031 やや潮が退いたところで飛び立ち降りようとしましたが、思いのほか深かったようで慌てて飛び立ちました。
20160507e1d4037 それから目の前をあちこち飛び回ってくれましたが、降りれるところが見つからず
20160507e1d4042 川の方へと飛び立ってしまいました。このポーズはまるでプテラノドン?

2015年7月25日 (土)

未熟者

20150718e1d4035 EOS1Dmk4 + EF300mm F2.8L IS USM + EF2XIII
昨日のあれ、前後の画像を確認したところ唯のシラサギではなく、カラシラサギでした。今年は各地で観察されておるとか、
20150718e1d4040 それにしても、この姿勢でカラシラサギと気づかなきゃいけませんでしたね。

2011年5月21日 (土)

赤い鳥を探せ

Wide9917

 やがて夕日がさらに傾くとチュウシャクシギやカラシラサギは西へ移動を始めました。彼らについていくと河口にできた干潟に鳥たちが集まっています。ハマシギの群れも何処からかやって来ました。

_mg_9918  なにか珍しいシギ居ないかとフィールドスコープで探すと、赤い鳥を見つけました。ファインダーではよく判らないので居るあたりを撮っときました。確か2羽居たと思ったのですが、1羽しか写ってませんでした。サルハマシギだろうと思っていましたが、コオバシギとのご指摘があります。残念ながら自分の眼力では判断できませんでした。

_mg_9914  帰ってからハマシギの群れをチェックしてたら頭の赤いのを1羽だけ見つけました。なぜかこのカットでしか見つけられませんでした。昔から探鳥ガイドで紹介されているのは伊達じゃ有りませんね。今度はもっと時間に余裕を持って来ないといけませんね。それに1200mmを担いでこないと話になりませんでした。

2011年5月20日 (金)

カラシラサギ再び

_mg_9868 チュウシャクシギ EOS5DMKII + EF300mm F2.8L IS USM+ EF2XII

 JAFは脱輪だけでなく衝撃で外れたバンパーも直してくれました。それ以外にも走行に支障がないかどうか、車の底を点検してくれました。車屋に持っていく必要がなかったので鳥見を続けることに。昔から有名なシギチポイントへいきました。ここは写真が撮りにくい所為か最近情報があまり無い気がしています。行くとチュウシャクシギの群れがまだ居ました。何か大物を捕まえたようなんですが。水溜りで洗ってあっという間に飲み込んでしまいました。

_mg_9842  そのうち白いサギがやって来たので覘いてみるとカラシラサギです。どうもこちらにお引越ししたようです。前よりかは眼の付け根が青くなったような気がしました。

_mg_9865  それからふわりと飛んで中州へ降りました。足の色は黒く見えますが汚れているから?でしょうか、またちょっと謎が増えました。

2011年5月 7日 (土)

分身の術

201105015d005 カラシラサギ、クロツラヘラサギ、チュウサギ K20D+ A★1200mmF8 ED

 5月2日もA川の様子を見に行きました。カラシラサギもまだ居ましたが、この後、潮が退く前に上流のほうへ姿を消してしまいました。

201105015d006 コアオアシシギ 

 それから淡水シギチのポイントへ移動すると、セイタカシギの近くにコアオアシシギが1羽いるじゃ有りませんか。先日見逃していただけに喜びも一塩、やっと初撮りです。

201105015d048  この1羽はセイタカシギと一緒に近くまでやってきてくれましたが、こちらに気づくと畦の方に飛んで行ってしまいました(EOS5DMKII + EF300mm F2.8L IS USM+ EF2XII)

201105015d007  ところがそこをカメラで追うといっぱい居るではありませんか。全部で8羽いました。

201105015d013  今日は赤い顔のトウネンも見つけることが出来ました。タカブシギも弟分ができたようでうれしそうです。

2011年5月 2日 (月)

クロツラ減るも珍客来日

20110429k10d002 クロツラヘラサギ K20D+ A★1200mmF8 ED

 4月29日、朝早く一文字に出かけましたが、工事のため道路が封鎖されており近づけず。代わりにクロツラヘラサギの様子を見に行きましたが、1羽に減っていました。若鳥だけになってしまって、夏羽や亜成鳥は旅立ってしまったようです。周りで休んでいる白鷺は嘴からするとチュウサギでした。でもその中に黄色い嘴の小型のサギが居るのを見つけました。

20110429k10d021  カラシラサギ

 もしやって思って待っていると、潮が退いた頃活動を開始しました。中州の手前に出来た干潟にやって来てくれました。冠羽が見事な夏羽です。眼のあたりが少し青くなっているのは婚姻色へのなりかけでしょうか?

201104295d002  此処では獲物が見つからなかったのか、右に出来た干潟に飛んで行きました(EOS5DMKII + EF300mm F2.8L IS USM+ EF2XII)。こういう時二刀流は便利です。

20110429k10d032  早速獲物を見つけたようです。見をかがめて狙いをつけました。

20110429k10d033  ハゼか何か、小さい魚を見事に捉えました。以前この場所にカラシラサギが来た時は、クロツラを撮ったスライドの中に偶然写っているのをず~と後になって気づきました。その経験を今回活かすことができました。

 

その他のカテゴリー

Black Headed Gull Blackbird Brewer's Blackbird Chaffinch Dunnock Egyptian Goose Great Tit Greenfinch Heermann's gull House Sparrow Iceland Gull Jackdaw Jay Magpie Mute Swan Northern Mockingbird Nuthatch Ring-necked Parakeet Starling Western gull Woodpigeon アオアシシギ アオゲラ アオサギ アオジ アオジ(シベリア) アオバズク アオバト アカアシシギ アカエリヒレアシシギ アカガシラサギ アカゲラ アカコッコ アカショウビン アカツクシガモ アカハシハジロ アカハジロ アカハラ アカハラダカ アカヒゲ アジサシ アトリ アマサギ アマツバメ アメリカヒドリ アリスイ イカル イカルチドリ イスカ イソシギ イソヒヨドリ イワツバメ イワミセキレイ インドアカガシラサギ ウグイス ウズラシギ ウソ ウトウ ウミアイサ ウミウ ウミネコ エゾビタキ エゾムシクイ エナガ エリグロアジサシ エリマキシギ オオアカゲラ オオカラモズ オオクイナ オオコノハズク オオジシギ オオジュリン オオセグロカモメ オオソリハシシギ オオタカ オオハクチョウ オオハシシギ オオハム オオバン オオミズナギドリ オオメダイチドリ オオモズ オオヨシキリ オオルリ オオワシ オカヨシガモ オグロシギ オシドリ オジロトウネン オジロビタキ オジロワシ オナガ オナガガモ オバシギ カイツブリ カケス カササギ カシラダカ カッコウ カツオドリ カナダヅル カモメ カラシラサギ カラスバト カラフトアオアシシギ カラフトワシ カルガモ カワアイサ カワウ カワガラス カワセミ カワラバト カワラヒワ カンムリカイツブリ キアシシギ キクイタダキ キジ キジバト キセキレイ キビタキ キマユホオジロ キマユムシクイ キョウジョシギ キリアイ キレンジャク キンクロハジロ キンバト ギンムクドリ クイナ クサシギ クマゲラ クマタカ クロサギ クロジ クロツグミ クロツラヘラサギ クロヅル クロハラアジサシ ケアシノスリ コアオアシシギ コアジサシ コイカル コウノトリ コウライアイサ コオバシギ コガモ コガモ(アメリカ) コガラ コクガン コクマルガラス コゲラ コサギ コサメビタキ コシアカツバメ コジュケイ コチドリ コチョウゲンボウ コハクチョウ コホオアカ コミミズク コムクドリ コヨシキリ ゴイサギ ゴジュウカラ サカツラガン ササゴイ サシバ サメビタキ サルハマシギ サンカノゴイ サンコウチョウ サンショウクイ シジュウカラ シノリガモ シベリアオオハシシギ シマアジ シマキンパラ シメ ショウドウツバメ シラガホオジロ シラコバト シロエリオオハム シロカモメ シロガシラ シロチドリ シロハラ シロハラクイナ シロハラホオジロ ジョウビタキ スズガモ スズメ ズグロカモメ セイタカシギ セグロカモメ セグロセキレイ セッカ センダイムシクイ ソウシチョウ ソリハシシギ ソリハシセイタカシギ タカサゴモズ タカブシギ タゲリ タシギ タヒバリ タマシギ タンチョウヅル ダイサギ ダイシャクシギ ダイゼン チゴハヤブサ チフチャフ チュウサギ チュウシャクシギ チュウジシギ チュウヒ チョウゲンボウ ツクシガモ ツグミ ツグミ(ハチジョウ) ツツドリ ツバメ ツバメチドリ ツミ ツメナガセキレイ ツリスガラ ツルシギ トウネン トビ トモエガモ トラツグミ ナベコウ ナベヅル ニシセグロカモメ ニュウナイスズメ ノグチゲラ ノゴマ ノジコ ノスリ ノビタキ ハイイロチュウヒ ハイタカ ハギマシコ ハクガン ハクセキレイ ハクセキレイ(タイワン) ハクセキレイ(ホオジロ) ハシビロガモ ハシブトアジサシ ハシブトガラ ハシブトガラス ハシボソガラス ハシボソミズナギドリ ハジロカイツブリ ハジロクロハラアジサシ ハジロコチドリ ハチクマ ハマシギ ハヤブサ バン ヒガラ ヒクイナ ヒシクイ ヒドリガモ ヒバリ ヒバリシギ ヒメアマツバメ ヒメイソヒヨ ヒメウ ヒメコンドル ヒヨドリ ヒレンジャク ビンズイ フクロウ ブッポウソウ ヘラサギ ベニアジサシ ベニヒワ ベニマシコ ホウロクシギ ホオアカ ホオジロ ホオジロガモ ホシガラス ホシハジロ ホシムクドリ ホトトギス マガモ マガン マナヅル マヒワ マミジロアジサシ マミジロキビタキ マミジロタヒバリ マミチャジナイ ミコアイサ ミサゴ ミソサザイ ミツユビカモメ ミフウズラ ミヤコドリ ミヤマガラス ミヤマホオジロ ミユビシギ ムギマキ ムクドリ ムシクイSP ムジセッカ ムナグロ ムラサキサギ メジロ メジロガモ メダイチドリ メボソムシクイ モズ ヤツガシラ ヤブサメ ヤマガラ ヤマゲラ ヤマセミ ヤマドリ ヤンバルクイナ ユキホオジロ ユリカモメ ヨシガモ ヨシゴイ リュウキュウコノハズク リュウキュウツバメ ルリビタキ ワシカモメ ワタリガラス 亀吉一家 伝書鳩 其の他 動物 夏休み 外コブハクチョウ 外コリンウズラ 外ソウシチョウ 夜空 彫刻 昆虫 楽天 機材 水族館 野花 鉄道 雑ガモ 飼鳥

フォト

カテゴリー