• 20190929k32062
  • 20190929k32130
  • 20190929k32107
  • 20190929k32132
  • 20190929k32059
  • 20190929k32038_20191002232201
  • 20190929k32002
  • 20190915e72049
  • 20190915e72051
  • 20190915e72039

2014年8月 1日 (金)

日本画のような景色

20140720e1d4186 EOS1Dmk4 + EF300mm F2.8L IS USM + EF2XIII
今度は立ち木から啄木鳥の声が聞こえました。レンズを向けるとモズと対峙していました。まさかモズがアカゲラを襲うと思えないのですが、虫の取り合いなのでしょう、多分。
20140720e1d4189 朝靄と光量不足が幸いして、淡い日本画のような仕上がりになりました。

2014年7月30日 (水)

朝靄

20140720e1d4172 EOS1Dmk4 + EF300mm F2.8L IS USM + EF2XIII
翌朝は靄が立ち込めていました。きっと雲にすっぽり覆われていたのでしょう。それでもめげずに朝食前に散歩していると、啄木鳥の声、これまた小さな木の中にアカゲラを発見しました。
20140720e1d4178 蝉の幼虫かしらと思うくらい大きな虫を咥えて飛び出していきました。、

2011年7月21日 (木)

再登板

Kitanomachi5dmkii091
アカゲラ 
EOS5DMKII EF100-400mm F4.5-5.6L IS USM

 ホンの15分くらいの出来事でした。ほとんど動く事もなくただ突っ立て居るだけで、いろんな鳥が目の前を過ぎていきました。同時にあっちこっちに出現するのでひょっとしたら見逃した種もいたかもしれません。ちょっと一段落して歩き始めると前方にまたしてもアカゲラの姿。

Kitanomachi5dmkii087
 アカゲラが鳴きました。暗い森の中では結局5DMKIIの出番しか有りませんでした。これが草原だったら40Dの出番も有ったかもしれません。

Kitanomachi5dmkii092
 最後は腹側からのショットです。逆バルタンの尾もしっかり見させてもらいました。あ~アカゲラ堪能できた~。

2011年7月18日 (月)

アカゲラペア

Kitanomachi5dmkii039
アカゲラ
 EOS5DMKII EF100-400mm F4.5-5.6L IS USM

 今度は、声がするな~と思ったらアカゲラが現れました。背中の逆ハの字模様もはっきりした雄のアカゲラです。最初は逆光だったり木の葉の中に見え隠れしていたのですが、ようやく全身を現してくれました。

Kitanomachi5dmkii040
 ジャンプして前の枝に飛び移りました。鳥って移動に羽を使わないことが意外に多いですね。

Kitanomachi5dmkii047
 近くにもう1羽アカゲラが見えました。こちらは頭頂が赤くない雌でした。この森でたくさん子供を育ててくださいね。

2011年6月21日 (火)

銀塩時代中期

Ginennjidai033 アカゲラ ME-super + Σ600mmF8 ミラー  1984年 2月ごろ

 最近、アカゲラを中々見ることがない。こっちはオオアカゲラ圏なので仕方がないが、2年前の盛岡で見たのもオオアカゲラだった。写真となると道東の民宿の庭先で撮った物しかない。

Ginennjidai034  これば自然の中のようだが、フィーダー絡みでは今一なので、付近の木に留まったところを狙ったもの。同じ個体なのが羽の模様で判りますね。このときの狙いはコアカゲラであったが、ついに逢うことはなかった。

Ginnenjidai007  札幌円山公園のヤマゲラ、ずっと高いところに居て真下からしか写せなかった。でも当時も今もお気に入りの一枚である。銀塩時代中期(AE機時代)の昔話はひとまず中断して、明日からは新ネタで。

 

その他のカテゴリー

Black Headed Gull Blackbird Brewer's Blackbird Chaffinch Dunnock Egyptian Goose Great Tit Greenfinch Heermann's gull House Sparrow Iceland Gull Jackdaw Jay Magpie Mute Swan Northern Mockingbird Nuthatch Ring-necked Parakeet Starling Western gull Woodpigeon アオアシシギ アオゲラ アオサギ アオジ アオジ(シベリア) アオバズク アオバト アカアシシギ アカエリヒレアシシギ アカガシラサギ アカゲラ アカコッコ アカショウビン アカツクシガモ アカハシハジロ アカハジロ アカハラ アカハラダカ アカヒゲ アジサシ アトリ アマサギ アマツバメ アメリカヒドリ アリスイ イカル イカルチドリ イスカ イソシギ イソヒヨドリ イワツバメ イワミセキレイ インドアカガシラサギ ウグイス ウズラシギ ウソ ウトウ ウミアイサ ウミウ ウミネコ エゾビタキ エゾムシクイ エナガ エリグロアジサシ エリマキシギ オオアカゲラ オオカラモズ オオクイナ オオコノハズク オオジシギ オオジュリン オオセグロカモメ オオソリハシシギ オオタカ オオハクチョウ オオハシシギ オオハム オオバン オオミズナギドリ オオメダイチドリ オオモズ オオヨシキリ オオルリ オオワシ オカヨシガモ オグロシギ オシドリ オジロトウネン オジロビタキ オジロワシ オナガ オナガガモ オバシギ カイツブリ カケス カササギ カシラダカ カッコウ カツオドリ カナダヅル カモメ カラシラサギ カラスバト カラフトアオアシシギ カラフトワシ カルガモ カワアイサ カワウ カワガラス カワセミ カワラバト カワラヒワ カンムリカイツブリ キアシシギ キクイタダキ キジ キジバト キセキレイ キビタキ キマユホオジロ キマユムシクイ キョウジョシギ キリアイ キレンジャク キンクロハジロ キンバト ギンムクドリ クイナ クサシギ クマゲラ クマタカ クロサギ クロジ クロツグミ クロツラヘラサギ クロヅル クロハラアジサシ ケアシノスリ コアオアシシギ コアジサシ コイカル コウノトリ コウライアイサ コオバシギ コガモ コガモ(アメリカ) コガラ コクガン コクマルガラス コゲラ コサギ コサメビタキ コシアカツバメ コジュケイ コチドリ コチョウゲンボウ コハクチョウ コホオアカ コミミズク コムクドリ コヨシキリ ゴイサギ ゴジュウカラ サカツラガン ササゴイ サシバ サメビタキ サルハマシギ サンカノゴイ サンコウチョウ サンショウクイ シジュウカラ シノリガモ シベリアオオハシシギ シマアジ シマキンパラ シメ ショウドウツバメ シラガホオジロ シラコバト シロエリオオハム シロカモメ シロガシラ シロチドリ シロハラ シロハラクイナ シロハラホオジロ ジョウビタキ スズガモ スズメ ズグロカモメ セイタカシギ セグロカモメ セグロセキレイ セッカ センダイムシクイ ソウシチョウ ソリハシシギ ソリハシセイタカシギ タカサゴモズ タカブシギ タゲリ タシギ タヒバリ タマシギ タンチョウヅル ダイサギ ダイシャクシギ ダイゼン チゴハヤブサ チフチャフ チュウサギ チュウシャクシギ チュウジシギ チュウヒ チョウゲンボウ ツクシガモ ツグミ ツグミ(ハチジョウ) ツツドリ ツバメ ツバメチドリ ツミ ツメナガセキレイ ツリスガラ ツルシギ トウネン トビ トモエガモ トラツグミ ナベコウ ナベヅル ニシセグロカモメ ニュウナイスズメ ノグチゲラ ノゴマ ノジコ ノスリ ノビタキ ハイイロチュウヒ ハイタカ ハギマシコ ハクガン ハクセキレイ ハクセキレイ(タイワン) ハクセキレイ(ホオジロ) ハシビロガモ ハシブトアジサシ ハシブトガラ ハシブトガラス ハシボソガラス ハシボソミズナギドリ ハジロカイツブリ ハジロクロハラアジサシ ハジロコチドリ ハチクマ ハマシギ ハヤブサ バン ヒガラ ヒクイナ ヒシクイ ヒドリガモ ヒバリ ヒバリシギ ヒメアマツバメ ヒメイソヒヨ ヒメウ ヒメコンドル ヒヨドリ ヒレンジャク ビンズイ フクロウ ブッポウソウ ヘラサギ ベニアジサシ ベニヒワ ベニマシコ ホウロクシギ ホオアカ ホオジロ ホオジロガモ ホシガラス ホシハジロ ホシムクドリ ホトトギス マガモ マガン マナヅル マヒワ マミジロアジサシ マミジロキビタキ マミジロタヒバリ マミチャジナイ ミコアイサ ミサゴ ミソサザイ ミツユビカモメ ミフウズラ ミヤコドリ ミヤマガラス ミヤマホオジロ ミユビシギ ムギマキ ムクドリ ムシクイSP ムジセッカ ムナグロ ムラサキサギ メジロ メジロガモ メダイチドリ メボソムシクイ モズ ヤツガシラ ヤブサメ ヤマガラ ヤマゲラ ヤマセミ ヤマドリ ヤンバルクイナ ユキホオジロ ユリカモメ ヨシガモ ヨシゴイ リュウキュウコノハズク リュウキュウツバメ ルリビタキ ワシカモメ ワタリガラス 亀吉一家 伝書鳩 其の他 動物 夏休み 外コブハクチョウ 外コリンウズラ 外ソウシチョウ 夜空 彫刻 昆虫 楽天 機材 水族館 野花 鉄道 雑ガモ 飼鳥

フォト

カテゴリー