• 20190929k32062
  • 20190929k32130
  • 20190929k32107
  • 20190929k32132
  • 20190929k32059
  • 20190929k32038_20191002232201
  • 20190929k32002
  • 20190915e72049
  • 20190915e72051
  • 20190915e72039

2017年12月31日 (日)

ありがとうございました。

2017final013 今年も最後までご覧いただきありがとうございます。

2017年12月29日 (金)

成長記録

20171216k3ii037 その先の漁港に浮かぶセグロカモメに混じって、シロカモメが浮いてました。毎年来ていますが去年はちらっと見ただけだった。今年は成長冬羽の装いです。

2016年11月25日 (金)

MF巡り 純白

20161113126 再びA川へと戻る。思いのほか退いた干潟にセグロカモメの群れ、脚の黄色いのは見つからず。
20161113128 そしてユリカモメの群れ、今季初だったか?
20161113110 そして見つけてしまったシロカモメ、うっすらと灰色になった成鳥冬羽、毎年来ている子なんだろう。
20161113148 セグロカモメとは別行動で下流へと飛んで行った。

2015年1月 2日 (金)

先入観

20141223e1d4095 EOS1Dmk4 + EF300mm F2.8L IS USM + EF2XIII
残りの6羽は何処へ行ったやら?心当たりはありましたが、後で行こうと思いとりあえずマナヅルにご挨拶。昨日の雪で田んぼには水溜りがたくさんできていました。
20141223e1d4098 ついでにシロカモメにもご機嫌伺い。防波堤の上で睨めっこの最中でした。
20141223e1d4099 このとき惰性で撮った他のカットに、家で見るとクロツラヘラサギが写っている!ちゃんと数は確認できませんでしたが残りの6羽は此処に居たようです。防波堤なんかに居るはずないとの思い込みが強すぎて、
今日はシラサギが多いなぁと思っていました。

2014年12月19日 (金)

岸壁の鴎

20141214e1d4026 EOS1Dmk4 + EF300mm F2.8L IS USM + EF2XIII
岸壁にはたくさんのユリカモメ、今年は多い気がします。それとも漁港は毎年こんなものなのでしょうか。
20141214e1d4039 そして岸壁で休むセグロカモメとユリカモメ、シロカモメの姿もありました。セグロカモメ類、眠ってしまうと識別しにくいので満潮になる前から来て待っていないとダメですね。

2014年12月11日 (木)

任務完了

20141207e1d4002 EOS1Dmk4 + EF300mm F2.8L IS USM + EF2XIII
あきらめかけていましたが、エールを頂いたのでシロカモメ捜索隊は今週も出動。前回捜索しなかった漁港の岸壁のセグロカモメの中に、遂にその眩い姿を発見したのでした。しかし遠い!
20141207e1d4004 その後移動したけれど、さらに絵になりにくい場所なのでした。おまけに近づくと岸壁の死角に入るし。
20141207e1d4011 しょうがないのですぐへりを飛んだトビのおまけ付き。兎にも角にもシロカモメ捜索隊はこれにて解散。

2014年11月26日 (水)

ブーメラン

20141116e1d4056 EOS1Dmk4 + EF300mm F2.8L IS USM + EF2XIII
尾が見れたのは良かったけれど飛ばしてしまったわいと内心残念がっていたらブーメランのように戻ってきました。
20141116e1d4067 着陸態勢に入りました。翼や尾の下面の白さが眩しいのでした。
20141116e1d4069 白い着物を汚さないように上手に着地しました。
20141116e1d4073 そしてメカニカルに翼を畳みました。

2014年11月23日 (日)

面白いカモメ

20141116e1d4032 EOS1Dmk4 + EF300mm F2.8L IS USM + EF2XIII
白黒の鳥を探した寄り道・帰り道、黒い鳥と白い鳥を見つけました。魚の屍骸が側にありました。きっとカラスに横取りされたのだろうね。翼の上面は薄い灰色です。
20141116e1d4042 水際に移動して走って飛び上がりました。翼の裏面は真っ白でした。嘴には黒いところはありません。
20141116e1d4046 尾も真っ白でした。シロカモメの成鳥冬羽はとっても綺麗でした。

2012年1月25日 (水)

野生味なし

20120115k20031 シロカモメ   K20D + A★1200mmF8 ED
 そのうちおなかがすいたのか堤防の上を歩いて、セグロカモメを追い払い、骨を拾って食べるところ探したり始めました。でももう身は付いていないようです。
20120115e5d017  流石に空腹に耐えかねたか飛び立ちました
(以下2枚EOS5DMKII + EF300mm F2.8L IS USM + EF2XII)。どこへ行くかと思いきや、港の中にやってきます。翼の先は確かに黒くはありませんでした。
20120115e5d018  着水するときに尾羽を広げました。尾羽の先は茶色味が強く、ひょっとするとセグロカモメとの雑種かも?
20120115k20039  作業始めた漁師さんの船に近づいていきました。雑魚をもらいに行ったようです。なんとも野性味の無いシロカモメでした。

2012年1月24日 (火)

記念写真

20120115e5d009 シロカモメ  EOS5DMKII + EF300mm F2.8L IS USM + EF2XII
 近くにまたまたお客さんが来たらしいので逢いに行ってきました。白くないけどシロカモメさんです。隣はチュウサギ?この時期にも居るんですね。
20120115e5d013  折角なので関門橋をバックに記念撮影。片足上げてハイ・ポーズ。
20120115e5d015  セグロカモメにも一緒に入ってもらって、ランドマークの煙突?バックに記念写真。第一回冬羽ってことらしい。
Shirokamome046  昔見たのは一目でそれとわかるシロカモメ、これも第一回か二回冬羽らしい。しかし何を間違って瀬戸内の西の果てまでやってきたのか。ひょっとして平家の足跡辿っているのか?

その他のカテゴリー

Black Headed Gull Blackbird Brewer's Blackbird Chaffinch Dunnock Egyptian Goose Great Tit Greenfinch Heermann's gull House Sparrow Iceland Gull Jackdaw Jay Magpie Mute Swan Northern Mockingbird Nuthatch Ring-necked Parakeet Starling Western gull Woodpigeon アオアシシギ アオゲラ アオサギ アオジ アオジ(シベリア) アオバズク アオバト アカアシシギ アカエリヒレアシシギ アカガシラサギ アカゲラ アカコッコ アカショウビン アカツクシガモ アカハシハジロ アカハジロ アカハラ アカハラダカ アカヒゲ アジサシ アトリ アマサギ アマツバメ アメリカヒドリ アリスイ イカル イカルチドリ イスカ イソシギ イソヒヨドリ イワツバメ イワミセキレイ インドアカガシラサギ ウグイス ウズラシギ ウソ ウトウ ウミアイサ ウミウ ウミネコ エゾビタキ エゾムシクイ エナガ エリグロアジサシ エリマキシギ オオアカゲラ オオカラモズ オオクイナ オオコノハズク オオジシギ オオジュリン オオセグロカモメ オオソリハシシギ オオタカ オオハクチョウ オオハシシギ オオハム オオバン オオミズナギドリ オオメダイチドリ オオモズ オオヨシキリ オオルリ オオワシ オカヨシガモ オグロシギ オシドリ オジロトウネン オジロビタキ オジロワシ オナガ オナガガモ オバシギ カイツブリ カケス カササギ カシラダカ カッコウ カツオドリ カナダヅル カモメ カラシラサギ カラスバト カラフトアオアシシギ カラフトワシ カルガモ カワアイサ カワウ カワガラス カワセミ カワラバト カワラヒワ カンムリカイツブリ キアシシギ キクイタダキ キジ キジバト キセキレイ キビタキ キマユホオジロ キマユムシクイ キョウジョシギ キリアイ キレンジャク キンクロハジロ キンバト ギンムクドリ クイナ クサシギ クマゲラ クマタカ クロサギ クロジ クロツグミ クロツラヘラサギ クロヅル クロハラアジサシ ケアシノスリ コアオアシシギ コアジサシ コイカル コウノトリ コウライアイサ コオバシギ コガモ コガモ(アメリカ) コガラ コクガン コクマルガラス コゲラ コサギ コサメビタキ コシアカツバメ コジュケイ コチドリ コチョウゲンボウ コハクチョウ コホオアカ コミミズク コムクドリ コヨシキリ ゴイサギ ゴジュウカラ サカツラガン ササゴイ サシバ サメビタキ サルハマシギ サンカノゴイ サンコウチョウ サンショウクイ シジュウカラ シノリガモ シベリアオオハシシギ シマアジ シマキンパラ シメ ショウドウツバメ シラガホオジロ シラコバト シロエリオオハム シロカモメ シロガシラ シロチドリ シロハラ シロハラクイナ シロハラホオジロ ジョウビタキ スズガモ スズメ ズグロカモメ セイタカシギ セグロカモメ セグロセキレイ セッカ センダイムシクイ ソウシチョウ ソリハシシギ ソリハシセイタカシギ タカサゴモズ タカブシギ タゲリ タシギ タヒバリ タマシギ タンチョウヅル ダイサギ ダイシャクシギ ダイゼン チゴハヤブサ チフチャフ チュウサギ チュウシャクシギ チュウジシギ チュウヒ チョウゲンボウ ツクシガモ ツグミ ツグミ(ハチジョウ) ツツドリ ツバメ ツバメチドリ ツミ ツメナガセキレイ ツリスガラ ツルシギ トウネン トビ トモエガモ トラツグミ ナベコウ ナベヅル ニシセグロカモメ ニュウナイスズメ ノグチゲラ ノゴマ ノジコ ノスリ ノビタキ ハイイロチュウヒ ハイタカ ハギマシコ ハクガン ハクセキレイ ハクセキレイ(タイワン) ハクセキレイ(ホオジロ) ハシビロガモ ハシブトアジサシ ハシブトガラ ハシブトガラス ハシボソガラス ハシボソミズナギドリ ハジロカイツブリ ハジロクロハラアジサシ ハジロコチドリ ハチクマ ハマシギ ハヤブサ バン ヒガラ ヒクイナ ヒシクイ ヒドリガモ ヒバリ ヒバリシギ ヒメアマツバメ ヒメイソヒヨ ヒメウ ヒメコンドル ヒヨドリ ヒレンジャク ビンズイ フクロウ ブッポウソウ ヘラサギ ベニアジサシ ベニヒワ ベニマシコ ホウロクシギ ホオアカ ホオジロ ホオジロガモ ホシガラス ホシハジロ ホシムクドリ ホトトギス マガモ マガン マナヅル マヒワ マミジロアジサシ マミジロキビタキ マミジロタヒバリ マミチャジナイ ミコアイサ ミサゴ ミソサザイ ミツユビカモメ ミフウズラ ミヤコドリ ミヤマガラス ミヤマホオジロ ミユビシギ ムギマキ ムクドリ ムシクイSP ムジセッカ ムナグロ ムラサキサギ メジロ メジロガモ メダイチドリ メボソムシクイ モズ ヤツガシラ ヤブサメ ヤマガラ ヤマゲラ ヤマセミ ヤマドリ ヤンバルクイナ ユキホオジロ ユリカモメ ヨシガモ ヨシゴイ リュウキュウコノハズク リュウキュウツバメ ルリビタキ ワシカモメ ワタリガラス 亀吉一家 伝書鳩 其の他 動物 夏休み 外コブハクチョウ 外コリンウズラ 外ソウシチョウ 夜空 彫刻 昆虫 楽天 機材 水族館 野花 鉄道 雑ガモ 飼鳥

フォト

カテゴリー