• 20191124k32008
  • 20191124k32011
  • 20191124k32002
  • 20191124k32003
  • 20191117e72045
  • 20191117e72047
  • 20191117e72045
  • 20191117k32072
  • 20191117e72042
  • 20191117e1d4001

2016年11月18日 (金)

一声

20161106k1s045 K-1+ ΣAPO150-500mmDG OS HSM

一声だけ聞こえた方を探すと、お目当てのアリスイに出会えました。比較的近場の葉の無い木に留まってくれてました。

2015年10月11日 (日)

定石

2015100452s153 K5IIs + ΣAPO150-500mmDG OS HSM

この日のもう一つの目標はアリスイ、この季節の定石通りモズの足元に見つけました。本当はもっと近くの木に来てくれるはずだったのですけどね。
20151004k52s040 その後、またアカハジロに遊んでもらっていたら、てっぺんに出てくれました。ここも遠かったけど大玉だったのでなんとか。

2015年2月 9日 (月)

あきらめの悪い男

20150131e1d4053 FZ1000/4K
翌週もあきらめきれず赤い鳥を求めて、雌を見た現場で粘ってみましたが、赤い鳥は現れず。変わりに白いお腹の鳥が遠くに留まっていました。アリスイってこんなところにも留まるものなのですね。

20150131k52s003 秋に必死こいてアリスイを探す場所でも白昼堂々と出ておりました。

2015年2月 8日 (日)

閉園

2015025fz4k157 FZ1000/4K
驚いたことに、昨年末で山口県最大のテーマパーク・猛禽ランドが閉園してたらしい。あまりに人気がありすぎて肝心の猛禽が寄りつかなくなったとか。人気も無くなり寂れたランドの周りを走ると、タヒバリの群れに出逢った。
今ならタヒバリもゆっくりできるのだろう。車の前方は一眼では難しいのだがFZ1000なら撮り易い。
2015025e1d4151 アリスイも葉っぱがすっかり落ちた木に姿を見せてくれた。もう少し明るい時間に出てほしかったところである。流石にこの暗さはFZ1000では太刀打ちできず、以下一眼で撮影。

2015025e1d4149 ハイイロチュウヒの雌が一羽、葦原の小鳥を飛ばして、去っていった。この冬の旧猛禽ランド、小鳥類で賑わうといいなぁ。

2014年10月14日 (火)

鳴きながら、泣きながら

20141008e1d4020 EOS1Dmk4 + EF300mm F2.8L IS USM + EF2XIII
アリスイの大サービス、長いこと枝に留まってくれました。それでも遠いし顔が枝被り。
20141008e1d4027 そこで、別の角度から狙って見ると、今度は体が枝被り。
20141008e1d4030 ライブビューでしっかり焦点を合わせようと苦労してたら、隠れてしまいました。モズが大接近したのです。
20141008e1d4031 鳴きながら飛びました。内心泣きながら撮りました。

2013年10月12日 (土)

還ってきたアリスイ

20131006_0006_k5iis K-5IIs + A★1200mmF8 ED
モズとアリスイの縄張り争いを期待していたのですが、足元にアリスイの姿無し。気が付けば元居た枝に留まっていました。4・3に端切っただけだとこれくらいの大きさです。
20131006_0007_k5iis 羽毛を逆立ててぶるぶる。
20131006_0015_k5iis タテガミのような首筋の模様も見せてくれました。
20131006_0019_k5iis 最後はお澄ましです。この後さっきと同じように花の中に移れと念じたのですが、叶いませんでした。

2013年10月10日 (木)

花とアリスイ

201310061d4017 EOS1Dmk4 + EF300mm F2.8L IS USM + EF2XII
飛び立ったアリスイは嬉しいことに、セイタカアワダチソウをバックに留まり直してくれました。
201310061d4019 花とアリスイなんて構図は全くの想定外!ただもう少し近ければよかったなぁ。

2013年10月 9日 (水)

光陰矢の如し

201310061d4013 EOS1Dmk4 + EF300mm F2.8L IS USM + EF2XII
昨年の今頃でした、ライファー・アリスイに出会ったのは。今年も出会えるかと朝早くから出かけて見ましたが、モズの声さえもしませんでした。その代わり此処しばらくMFご無沙汰でしたから、懐かしい方々にはたくさん会えました。で、あきらめて大半が帰った後も、しばらく立ち話をしていたら、アリスイ参上!
201310061d4014 とはいえ遠すぎるので大きくトリミングしてみました。この場所はこれ以上近づきようが無いのが難点です。
201310061d4015 一年ぶりのアリスイが矢の如く飛びたちました。


2012年10月17日 (水)

こんなところに

20121013fz002 中々見れなかった鳥も一度出会うと相性がよくなるようで、真昼間にぶらぶらしてたらアリスイに出くわしました。今度は邪魔な小枝も無いのですが、散歩中だったので手にしてたのはFZ150のみ。ちょっと物足りません。せめてテレコン持ってりゃ良かったのに。
20121013fz003 しかし前に見たところよりもずっと近いので、朝ちょっといって見れそうです。次は道具準備して行くからね。それもこれもアリスイの声が判るようになったお陰です。
20121013fz008 この日は初ツグミにも出逢いました。昨年と違って小鳥が多そうな予感!

2012年10月 9日 (火)

Clear, but unclear!

201210071d4001 10月に入るとアリスイがやってくる、今年の10月の最重点課題はこのアリスイを見つけることでした。教わった話ではモズが居場所を教えてくれるそうですが、10月に入って最初の日曜日、まだモズの声が聞こえません。
201210071d4002 でもアリスイの声は聞こえてくるのでしばらく待って見ることに。すると木の中をうごめく鳥の影。もしやと思い双眼鏡で覗くと、見たことない鳥が潜んでいました。
201210071d4004 あっけなくライファー・アリスイゲット!
、ただし課題はクリアしましたが画像は枝・藪被りで不鮮明、やっぱり次はモズの助けが欲しいところです。

その他のカテゴリー

Black Headed Gull Blackbird Brewer's Blackbird Chaffinch Dunnock Egyptian Goose Great Tit Greenfinch Heermann's gull House Sparrow Iceland Gull Jackdaw Jay Magpie Mute Swan Northern Mockingbird Nuthatch Ring-necked Parakeet Starling Western gull Woodpigeon アオアシシギ アオゲラ アオサギ アオジ アオジ(シベリア) アオバズク アオバト アカアシシギ アカエリヒレアシシギ アカガシラサギ アカゲラ アカコッコ アカショウビン アカツクシガモ アカハシハジロ アカハジロ アカハラ アカハラダカ アカヒゲ アジサシ アトリ アマサギ アマツバメ アメリカヒドリ アリスイ イカル イカルチドリ イスカ イソシギ イソヒヨドリ イワツバメ イワミセキレイ インドアカガシラサギ ウグイス ウズラシギ ウソ ウトウ ウミアイサ ウミウ ウミネコ エゾビタキ エゾムシクイ エナガ エリグロアジサシ エリマキシギ オオアカゲラ オオカラモズ オオクイナ オオコノハズク オオジシギ オオジュリン オオセグロカモメ オオソリハシシギ オオタカ オオハクチョウ オオハシシギ オオハム オオバン オオミズナギドリ オオメダイチドリ オオモズ オオヨシキリ オオルリ オオワシ オカヨシガモ オグロシギ オシドリ オジロトウネン オジロビタキ オジロワシ オナガ オナガガモ オバシギ カイツブリ カケス カササギ カシラダカ カッコウ カツオドリ カナダヅル カモメ カラシラサギ カラスバト カラフトアオアシシギ カラフトワシ カルガモ カワアイサ カワウ カワガラス カワセミ カワラバト カワラヒワ カンムリカイツブリ キアシシギ キクイタダキ キジ キジバト キセキレイ キビタキ キマユホオジロ キマユムシクイ キョウジョシギ キリアイ キレンジャク キンクロハジロ キンバト ギンムクドリ クイナ クサシギ クマゲラ クマタカ クロサギ クロジ クロツグミ クロツラヘラサギ クロヅル クロハラアジサシ ケアシノスリ コアオアシシギ コアジサシ コイカル コウノトリ コウライアイサ コオバシギ コガモ コガモ(アメリカ) コガラ コクガン コクマルガラス コゲラ コサギ コサメビタキ コシアカツバメ コジュケイ コチドリ コチョウゲンボウ コハクチョウ コホオアカ コミミズク コムクドリ コヨシキリ ゴイサギ ゴジュウカラ ゴジュウカラ(シロハラ) サカツラガン ササゴイ サシバ サメビタキ サルハマシギ サンカノゴイ サンコウチョウ サンショウクイ シジュウカラ シノリガモ シベリアオオハシシギ シマアジ シマキンパラ シメ ショウドウツバメ シラガホオジロ シラコバト シロエリオオハム シロカモメ シロガシラ シロチドリ シロハラ シロハラクイナ シロハラホオジロ ジョウビタキ スズガモ スズメ ズグロカモメ セイタカシギ セグロカモメ セグロセキレイ セッカ センダイムシクイ ソウシチョウ ソリハシシギ ソリハシセイタカシギ タカサゴモズ タカブシギ タゲリ タシギ タヒバリ タマシギ タンチョウヅル ダイサギ ダイシャクシギ ダイゼン チゴハヤブサ チフチャフ チュウサギ チュウシャクシギ チュウジシギ チュウヒ チョウゲンボウ ツクシガモ ツグミ ツグミ(ハチジョウ) ツツドリ ツバメ ツバメチドリ ツミ ツメナガセキレイ ツリスガラ ツルシギ トウネン トビ トモエガモ トラツグミ ナベコウ ナベヅル ニシセグロカモメ ニュウナイスズメ ノグチゲラ ノゴマ ノジコ ノスリ ノビタキ ハイイロチュウヒ ハイタカ ハギマシコ ハクガン ハクセキレイ ハクセキレイ(タイワン) ハクセキレイ(ホオジロ) ハシビロガモ ハシブトアジサシ ハシブトガラ ハシブトガラス ハシボソガラス ハシボソミズナギドリ ハジロカイツブリ ハジロクロハラアジサシ ハジロコチドリ ハチクマ ハマシギ ハヤブサ バン ヒガラ ヒクイナ ヒシクイ ヒドリガモ ヒバリ ヒバリシギ ヒメアマツバメ ヒメイソヒヨ ヒメウ ヒメコンドル ヒヨドリ ヒレンジャク ビンズイ フクロウ ブッポウソウ ヘラサギ ベニアジサシ ベニヒワ ベニマシコ ホウロクシギ ホオアカ ホオジロ ホオジロガモ ホシガラス ホシハジロ ホシムクドリ ホトトギス マガモ マガン マナヅル マヒワ マミジロアジサシ マミジロキビタキ マミジロタヒバリ マミチャジナイ ミコアイサ ミサゴ ミソサザイ ミツユビカモメ ミフウズラ ミヤコドリ ミヤマガラス ミヤマホオジロ ミユビシギ ムギマキ ムクドリ ムシクイSP ムジセッカ ムナグロ ムラサキサギ メジロ メジロガモ メダイチドリ メボソムシクイ モズ ヤツガシラ ヤブサメ ヤマガラ ヤマゲラ ヤマセミ ヤマドリ ヤンバルクイナ ユキホオジロ ユリカモメ ヨシガモ ヨシゴイ リュウキュウコノハズク リュウキュウツバメ ルリビタキ ワシカモメ ワタリガラス 亀吉一家 伝書鳩 其の他 動物 夏休み 外コブハクチョウ 外コリンウズラ 外ソウシチョウ 夜空 彫刻 昆虫 楽天 機材 水族館 野花 鉄道 雑ガモ 飼鳥

フォト

カテゴリー