• 20190929k32062
  • 20190929k32130
  • 20190929k32107
  • 20190929k32132
  • 20190929k32059
  • 20190929k32038_20191002232201
  • 20190929k32002
  • 20190915e72049
  • 20190915e72051
  • 20190915e72039

2017年11月 1日 (水)

乱れ飛び

20171029k1004 海辺ではショウドウツバメが乱舞していました。

20171029k1011 楽しめました。

2017年10月20日 (金)

曇り空

20171015k1002ちっちゃな鳥が飛び回ってました。ショウドウツバメでした。

20171015k1003 大きな鳥がやって来ました。練習機でした。

2015年10月 8日 (木)

かわいい顔してあの子...

20151002e1d4114 EOS1Dmk4 + EF300mm F2.8L IS USM + EF2XIII

田園地帯へ行くとショウドウツバメが飛び回っていました。すっかり秋の風物詩です。
20151002e1d4105 ただ単に飛び回って居るわけではなく、羽虫を狙っているわけなんですね。それにしても大きな口です。
20151002e1d4101 ピン甘ですが、こんなところも写っていました。かわいいショウドウツバメですが、虫の立場からしたら獰猛なハンターなんでしょうね。

2013年10月27日 (日)

“季”間限定のショータイム

201310141d4106 EOS1Dmk4 + EF300mm F2.8L IS USM + EF2XII
一仕事済ませてK浜へ、ひょっとしてあの子が入っていないかと思ったのですが、駐車場はガラガラ、どうも居ないようです。園内を一回りして帰ろうかと思ったら、ショウドウツバメの水飲みシーンが見れると教えてもらいました。
201310141d4109 先日の塒入りではシルエットしか撮れませんでしたが、丁度西日を浴びていい感じです。着水するかのようにすれすれを飛んで水を飲んでいきます。
201310141d4110 この時期の閉園間際限定のこんなショータイムがあるなんて、全く知りませんでした。

2013年10月15日 (火)

塒入りの日II

201310121d4015 EOS1Dmk4 + EF300mm F2.8L IS USM
ますます空は暗くなってきました。B787も塒入りで高度を下げてきました。
201310121d4016 西の空を集団で飛んでいくのは、カワウかと思ったがダイサギの群れでした。別の場所を塒としているのでしょう。群れの上には航空機が西を目指していました。北九州空港辺りが塒かな。
201310121d4018 そしてショウドウツバメたちが葦原に降りて来ました。
201310121d4007 それを半欠けの月が眺めていました。

2013年10月14日 (月)

トワイライト・ゾーン

201310121d4005 EOS1Dmk4 + EF300mm F2.8L IS USM
空には半欠けの月が浮かんでいて、この前を飛んでくれないかと待ち構えていたけれど、チャンスは逃してばかり。
201310121d4013 反対の空から塒入りするダイサギが飛んできて頭上を通過していった。
201310121d4008 遠くにミサゴらしき鳥影が、周りには無数の蚊柱?
201310121d4010 ではなくてショウドウツバメが飛び回っているのでした。

2013年10月13日 (日)

塒入りの日

201310121d4003 EOS1Dmk4 + EF300mm F2.8L IS USM
K浜最大の欠点は、夕方5時に閉まってしまう事だ。でも塒入りの観察会が開かれたりする日は遅くまで開いている事もある。こんな日は杭にずらりと並んだダイサギが見れるのだ。
201310121d4001 この日の主役はショウドウツバメ、今まで撮ったことがなかったのでとりあえず証拠にもなりそうにない写真。

その他のカテゴリー

Black Headed Gull Blackbird Brewer's Blackbird Chaffinch Dunnock Egyptian Goose Great Tit Greenfinch Heermann's gull House Sparrow Iceland Gull Jackdaw Jay Magpie Mute Swan Northern Mockingbird Nuthatch Ring-necked Parakeet Starling Western gull Woodpigeon アオアシシギ アオゲラ アオサギ アオジ アオジ(シベリア) アオバズク アオバト アカアシシギ アカエリヒレアシシギ アカガシラサギ アカゲラ アカコッコ アカショウビン アカツクシガモ アカハシハジロ アカハジロ アカハラ アカハラダカ アカヒゲ アジサシ アトリ アマサギ アマツバメ アメリカヒドリ アリスイ イカル イカルチドリ イスカ イソシギ イソヒヨドリ イワツバメ イワミセキレイ インドアカガシラサギ ウグイス ウズラシギ ウソ ウトウ ウミアイサ ウミウ ウミネコ エゾビタキ エゾムシクイ エナガ エリグロアジサシ エリマキシギ オオアカゲラ オオカラモズ オオクイナ オオコノハズク オオジシギ オオジュリン オオセグロカモメ オオソリハシシギ オオタカ オオハクチョウ オオハシシギ オオハム オオバン オオミズナギドリ オオメダイチドリ オオモズ オオヨシキリ オオルリ オオワシ オカヨシガモ オグロシギ オシドリ オジロトウネン オジロビタキ オジロワシ オナガ オナガガモ オバシギ カイツブリ カケス カササギ カシラダカ カッコウ カツオドリ カナダヅル カモメ カラシラサギ カラスバト カラフトアオアシシギ カラフトワシ カルガモ カワアイサ カワウ カワガラス カワセミ カワラバト カワラヒワ カンムリカイツブリ キアシシギ キクイタダキ キジ キジバト キセキレイ キビタキ キマユホオジロ キマユムシクイ キョウジョシギ キリアイ キレンジャク キンクロハジロ キンバト ギンムクドリ クイナ クサシギ クマゲラ クマタカ クロサギ クロジ クロツグミ クロツラヘラサギ クロヅル クロハラアジサシ ケアシノスリ コアオアシシギ コアジサシ コイカル コウノトリ コウライアイサ コオバシギ コガモ コガモ(アメリカ) コガラ コクガン コクマルガラス コゲラ コサギ コサメビタキ コシアカツバメ コジュケイ コチドリ コチョウゲンボウ コハクチョウ コホオアカ コミミズク コムクドリ コヨシキリ ゴイサギ ゴジュウカラ サカツラガン ササゴイ サシバ サメビタキ サルハマシギ サンカノゴイ サンコウチョウ サンショウクイ シジュウカラ シノリガモ シベリアオオハシシギ シマアジ シマキンパラ シメ ショウドウツバメ シラガホオジロ シラコバト シロエリオオハム シロカモメ シロガシラ シロチドリ シロハラ シロハラクイナ シロハラホオジロ ジョウビタキ スズガモ スズメ ズグロカモメ セイタカシギ セグロカモメ セグロセキレイ セッカ センダイムシクイ ソウシチョウ ソリハシシギ ソリハシセイタカシギ タカサゴモズ タカブシギ タゲリ タシギ タヒバリ タマシギ タンチョウヅル ダイサギ ダイシャクシギ ダイゼン チゴハヤブサ チフチャフ チュウサギ チュウシャクシギ チュウジシギ チュウヒ チョウゲンボウ ツクシガモ ツグミ ツグミ(ハチジョウ) ツツドリ ツバメ ツバメチドリ ツミ ツメナガセキレイ ツリスガラ ツルシギ トウネン トビ トモエガモ トラツグミ ナベコウ ナベヅル ニシセグロカモメ ニュウナイスズメ ノグチゲラ ノゴマ ノジコ ノスリ ノビタキ ハイイロチュウヒ ハイタカ ハギマシコ ハクガン ハクセキレイ ハクセキレイ(タイワン) ハクセキレイ(ホオジロ) ハシビロガモ ハシブトアジサシ ハシブトガラ ハシブトガラス ハシボソガラス ハシボソミズナギドリ ハジロカイツブリ ハジロクロハラアジサシ ハジロコチドリ ハチクマ ハマシギ ハヤブサ バン ヒガラ ヒクイナ ヒシクイ ヒドリガモ ヒバリ ヒバリシギ ヒメアマツバメ ヒメイソヒヨ ヒメウ ヒメコンドル ヒヨドリ ヒレンジャク ビンズイ フクロウ ブッポウソウ ヘラサギ ベニアジサシ ベニヒワ ベニマシコ ホウロクシギ ホオアカ ホオジロ ホオジロガモ ホシガラス ホシハジロ ホシムクドリ ホトトギス マガモ マガン マナヅル マヒワ マミジロアジサシ マミジロキビタキ マミジロタヒバリ マミチャジナイ ミコアイサ ミサゴ ミソサザイ ミツユビカモメ ミフウズラ ミヤコドリ ミヤマガラス ミヤマホオジロ ミユビシギ ムギマキ ムクドリ ムシクイSP ムジセッカ ムナグロ ムラサキサギ メジロ メジロガモ メダイチドリ メボソムシクイ モズ ヤツガシラ ヤブサメ ヤマガラ ヤマゲラ ヤマセミ ヤマドリ ヤンバルクイナ ユキホオジロ ユリカモメ ヨシガモ ヨシゴイ リュウキュウコノハズク リュウキュウツバメ ルリビタキ ワシカモメ ワタリガラス 亀吉一家 伝書鳩 其の他 動物 夏休み 外コブハクチョウ 外コリンウズラ 外ソウシチョウ 夜空 彫刻 昆虫 楽天 機材 水族館 野花 鉄道 雑ガモ 飼鳥

フォト

カテゴリー